アルファタウリ・ホンダF1代表 「角田裕毅はシーズン序盤は苦労するはず」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅がコース上でピエール・ガスリーに挑戦し始めるまでにそう長くはかからないかもしれないが、F1キャリアの初年度は非常に厳しいものになると予想している。

2020年にFIA-F2をランキング3位で終えた角田裕毅は、今年、F1にステップアップ。ダニール・クビアトに代わってアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たし、ピエール・ガスリーとチームを組む。

アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、角田裕毅がマシンの技術的な側面が以前にレースをしたものは大きく異なることから、シングルシーターの最高レベルでの生活に適応するのに時間がかかると考えている。また、プレシーズンテストはわずか3日間であるため、走行時間も限られている。

また、フランツ・トストは角田裕毅がこれまでレースをしたことのないサーキットを学ぶのにも苦労すると感じているが、F1が舞台を移したときには調子を上げることを期待している。

「F1の新参者にとって最初の年は非常に厳しい」とフランツ・トストは GPFans.com によって語った。

「例えば、時差ぼけ、新しいレーストラック、そして、終日メディアやマーケティングの予定があるメルボルンに来ることになる」

「また、レースカーの技術面でも、ドライバーがそれらのプロセスを処理するのにしばらく時間がかかる。テスト不足は、若いドライバーにとっ多くの精神力を必要とするが、最初のレースは非常に肉体的でチャレンジングなものにもなるだろう」

「彼がレーストラックを知らない序盤は難しいだろう。しかし、F2でレースをして知っているシーズン後半のバルセロナ、シルバーストン、オーストリア、ハンガリーでは、ピエールに挑戦し、彼の近くにいることを期待している」

「また予選Q3に進み、チームのためにポイントを獲得し始めることも期待している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / 角田裕毅