フランツ・トスト 「ベッテルとフェルスタッペンの違い?年齢だけだ」 / アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストが、チーム名の変更、レギュレーションの悪化、そして、マックス・フェルスタッペンとセバスチャン・ベッテルの比較についてインタビューに答えた。

昨年までトロロッソとして活動してきたチームは、今年からレッドブルの衣料ブランドであるアルファタウリに改名。新たにネイビー&ホワイトのカラーリングへの変更は好評で、2020年F1マシン『AT01』はF1公式サイトのファン投票で“最も格好いいカラーリング”に選ばれた。

新しいアルファタウリのロゴを使用するのは初めてですね。チームにとって名前の変更は何を意味しますか?
名前の変更は我々にとって非常に重要だ。チームにとっては大きな前進だ。我々たちは今やブランド大使だからだ。これは、チームにとって不思議なアップグレードだ。スクーデリア・アルファタウリに対するメディアの注目は高まるだろう。トロ・ロッソと呼ばれたとき、多くの人々はレッドブルとのリンクを知らなかった。トロ・ロッソは、多くの人が好む名前であり、覚えやすい名前だった。しかし、我々は望んでいたブランド大使ではなかった。アルファタウリでは、まったく異なる。これはチーム全体にとって新たなスタートだ。

レッドブルとのコラボレーションは、レギュレーションの範囲内で再び深まりますか?
ブレーキの一部を自分で製造する必要があるため、レッドブル・テクノロジーの部品は昨年よりも少なくなっている。それらはチーム自身が構築しなければならない部品のリストに載っている。昨年、レッドブルのリアおよびフロントブレーキ・チャンネルを入手した。レッドブル・テクノロジーから得られるものは、トランスミッション、油圧、完全なリアアクスル、フロントアクスルだ。

しかし、あなたは実際にはお金を節約したいので、これはレギュレーションの後退ですか?
そうだね、大きな後退だ。小規模なチームは、ブレーキ・チャンネル自体をデザインし、金型と部品を作成する必要がある。これは今や過小評価することができないコスト要因だ。

トロ・ロッソでは、セバスチャン・ベッテルとマックスフェルスタッペンの両方で働いていましたね。どちらの方が優れていますか?
数字を見れば、セバスチャンは4回のF1ワールドチャンピオンと多くの勝利を獲得しているので、セバスチャンの方が成功していると言わなければならない。我々とでさえね。だが、マックスにもF1ワールドチャンピオンを獲得する可能性があると言わなければならない。

両者の違いと類似点は何ですか?
どちらも非常に才能がある。どちらも100%情熱的だ。彼らは二人ともF1を生きている。彼らは二人とも成功するために必要な規律を持っている。セバスチャン・ベッテルにこれをやるように言ったら、彼はすぐにやった。同じことがマックス・フェルスタッペンにも当てはまる。そして、彼らは、技術的または政治的基盤にかかわらず、他の人を打ち負かすことができるほど革新的であるための適切な賢さを持っている。チャンピオンになるための基盤と殺人本能の強さがある。

二人の違いは何ですか?
年齢(笑)。

あなたはしばしば殺人本能の強さについて話しますよね?どんな風に見ているのですか?
まず、こう言っておく必要がある。個々のドライバーのスピードの純粋な違いは、グリップレベルに関連して可能なスピードを推定するときのブレークポイント、ターニングポイント、エイペックで決まるす。通常のドライバーはそこに来てこう考えます。『ああ、僕にとって速すぎるかもしれない』。だが、才能のあるドライバーは、アスファルトとタイヤがどのくらいグリップレベルを与えることができるかという感覚と概要を持っている運転ているので0.2~0.3秒速く走る。ミハエル・シューマッハも同じだし、ルイス・ハミルトンも同じだ。この殺人本能を持つドライバーは、常にプレッシャーの下で運転する。つまり、必要な限り、前の競技者までの距離を短くする。それから、間違いを犯すか、追い越すか、ただトラックから撃ち落とすように圧力をかける...

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / セバスチャン・ベッテル / マックス・フェルスタッペン