アルファタウリ・ホンダAT01 “最も格好いい”マシンカラーリングに選出
アルファタウリ・ホンダの2020年F1マシン『AT01』が、F1.comが行ったファン投票で最も格好いい2020年マシンカラーリングに選ばれた。

昨年までトロロッソとしてF1に参戦していたチームは、2020年からレッドブルの衣料ブランドである『アルファタウリ』を宣伝するために『スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ(Scuderia Alpha Tauri Honda)』として参戦する。

注目のカラーリングは、ネイビー×ホワイトでカラーリングが艶消し塗装で処理された。赤で掲載されるHondaのロゴもワンポインとして目立っている。ピエール・ガスリーとダニール・クビアトが着用するレーシングスーツもマシンカラーに合わせてホワイトをベースにスポンサーロゴなどをネイビーで統一されている。

50,000人の投票の結果、アルファタウリ・ホンダ AT01は40%の票を集めて1位に選出。2位はマクラーレンMCL35(10%)、3位にはオールブラックのルノーR.S.20のテストカラー(9%)が選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1マシン