F1
アルファタウリ・ホンダ(旧トロロッソ・ホンダ)は、2020年F1マシンがクラッシュテストに合格したことを発表した。

2006年からスクーデリア・トロロッソとしてF1に参戦を開始したレッドブルのジュニアチームは、2020年からはレッドブルの衣料ブランドであるアルファタウリを宣伝するためにチーム名を『スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ(Scuderia Alpha Tauri Honda)』に変更する。

ホンダF1との3年目のシーズンとなるアルファタウリは、2020年もピーエル・ガスリーとダニール・クビアトのドライバーラインナップを継続。クビアトはすでにアルファタウリの新車でのシート合わせを完了させている。

アルファタウリの2020年F1マシンは、昨年3勝を挙げたレッドブルのF1マシン『RB15』のパーツを多数流用することを明らかにしており、コンストラクターズ選手権5位を目標に掲げている。

「目標はかなり明白だ。パフォーマンスを改善し、コンストラクターズ選手権をトップ5でフィニッシュする必要がある」とF1チーム代表のフランツ・トストは語る。

「ルノーに近づけることを期待している。ここからは誰がより良いマシンを作れるか次第だ。誰が新車でより良い進歩を遂げ、誰がシーズン中により良い方法でそれを開発できるかだ。それがアルファタウリになることを期待している」

アルファタウリは、2月14日(金)の夕方にホンダのF1エンジンを搭載する2020年F1マシンを発表。アルファタウリの発表イベントは、オーストリア・ザルツブルグにあるレッドブのハンガー7で実施。同施設で新車発表会が行われるのは初めてとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファタウリ / ホンダF1 / F1マシン