フェルナンド・アロンソ、3回目のF1王座を追及する「ブレない自信」
2021年のF1史上最も物議を醸した最終戦アブダビGPのチェッカーフラッグが振られたとき、フェルナンド・アロンソの心はすでに2022年にああった。

ピットに戻ると、フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームに明確なメッセージを送った。『始まりに過ぎない』とアロンソはレースエンジニアのカレル・ルースに語った。

『Sexy boys and girls、最高の結果は来年やってくる。約束する。今年はウォーミングアップだった。ボクサーのようにね。彼らはビックファイトの直前に試合をする。僕たちにとって2021年はそういう年だった」

フェルナンド・アロンソは、F1から2年間の距離を置いた後、2021年にF1に復帰した。その間にWECとIMSAで耐久レースを探索し、インディ500で勝利を追い求め、ダカールでオフロードラリーを行った。

しかし、F1での競争の激しさと、アルピーヌという新しいブランドに生まれ変わる過去の所属チームであるルノーと再会するという機会は、断るにはあまりにも魅力的であることがわかった。

新型コロナウイルスのパンデミックによって遅れた2020年F1シーズンが始まってからわずか1か月後にフェルナンド・アロンソはサインした、39歳の2回のF1ワールドチャンピオンは、モータースポーツの頂点でトップを戦うためにフレームに戻った。

「今のところ、特にパンデミック後は、良いショーを生み出し、良い競争を生み出すことができるシリーズだと思う」と昨年カムバックを果たした後、フェルナンド・アロンソは語った。

「2018年にスポーツを辞めたとき、僕はみんなにとても正直だった。F1よりもそれ以外の場所の方がフィーリングやアイデアが良かったし、当時F1が僕に提供していたものよりも、WEC、インディ、ダカールの方が魅力的なチャレンジだった」

「今それはまったく同じだ。2020年に戻ってくることを決めたとき、他のシリーズがテーブルにあったけど、F1がその瞬間の最高の挑戦であり、最高の競争だと思った」

今週末、フェルナンド・アロンソは、9年前に最後にグランプリで優勝したホームサーキットに戻る。アロンソは引き続き3回目のF1ワールドチャンピオンを目指して戦うことを約束しているが、3月末のバーレーンでの開幕戦ではシーズン最高のスタートを切ったわけではなく、1ポイントを獲得しただけだった。

サウジアラビアでは、フェルナンド・アロンソは今シーズン最初のリタイアを喫した。その後、オーストラリアでは不運に見舞われ、予選で車にトラブルが発生し、セーフティカーのタイミングが彼の戦略を不利魔物にした。しかし、わずかに希望は見えた。土曜日にアロンソはポールポジションを争った。

エミリア・ロマーニャGPでは、1周目にスピンしたミック・シューマッハと絡み合った後、再びリタイアとなり、問題は改善しなかった。アロンソは、サイドポッドのかなりのパーツが飛び散った後、ピットでリタイアを余儀なくされた。

一方、アルピーヌF1のチームメイトであるエステバン・オコンは、今シーズンの1レースを除くすべてのレースでポイントを獲得している。フェルナンド・アロンソはチャンピオンシップで16位で、チームメイトに22ポイント差をつけられている。

しかし、フェルナンド・アロンソの容赦のなさやスピードが衰えている兆候はない。今年、フェルナンド・アロンソは41歳の誕生日を迎え、350回目のグランプリのスタートを切ることになる。なぜアロンソは、F1でレースを続けるのに必死なのか?

彼は、15年間追求してきた3回目のF1ワールドチャンピオンを獲得するために、完全に競争力のあるパッケージが必要であるという幻想を抱いていない。

「アイルトン・セナがチャンピオンシップとレースに勝ったとき、彼は最速の車を持っていた。僕がチャンピオンシップに勝ったとき、僕は最速の車を持っていた。ミハエル・シューマッハも最速の車を持っていた」

「ルイスが、いろいろな記録を破ってきのは最速の車を持っていたからだ。今日現在、ルイスは非常にいい走りをしているけど、彼は13位だ。それがF1というものだ」

アルピーヌF1チームのマシンが最速ではないのは確かだが、フェルナンド・アロンソはすぐにF1から離れることに興味を示さず、チームはワールドチャンピオンになるために完全に投資されている。

イモラでのリタイアの後、F1で競争を続けたいという彼の願望を駆り立てるものは何かと質問されたフェルナンド・アロンソは特徴的に率直な答えを出した。

「他のドライバーよりも優れていると感じているからだ」とフェルナンド・アロンソは語った。

「誰かがやって来て、彼が純粋な能力で僕を打ち負かしたり、スタートでうまくやれなくなったり、車の準備がうまくできてなくなったり、ガレージの反対側のドライバーが自分よりも1秒速かったり、それらのタイムに匹敵できなくなたら、自分から手を挙げて、『他のことに浮いて考える時間だ』と言うだろう」

「でも、現時点では反対のことを感じているし、レースが大好きだ」

フェルナンド・アロンソのアルピーヌF1チームとの契約は近シーズンの終わりに期限を迎える。アルピーヌF1チームの今後のラインナップは7月までに決定される。チームのリザーブドライバーであり、F2とG3のチャンピオンであるオスカー・ピアストリが舞台袖で待ち構えている。

2回のF1ワールドチャンピオンがシートを埋めていると感じる人もいるかもしれない。それはF1に新しい才能が現れる道を開くかもしれない。オスカー・ピアストリは未来のスターとして広く知られている。アロンソが2002年シーズンに登場し、ルノーへの昇格を待っていたときと同じように、ピアストリはチャンピオンシップへの道を歩み始めている。

フェルナンド・アロンソは、F1の王族であり、史上最高のドライバーの1人であり続けている。アルピーヌがチャンピオンシップを争う車を提供できれば、彼の勝利の必要性がF1に留まりたいという彼の願望を追い抜くまでにはしばらく時間がかかるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / アルピーヌ