F1復帰戦のアロンソ 「チェッカーフラッグを見れなかったのは残念」 / アルピーヌ F1バーレーンGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 開幕戦 F1バーレーンGPの決勝レースをリタイアで終えた。

2年ぶりのF1復帰戦となった2回のF1ワールドチャンピンであるフェルナンド・アロンソは、7番グリッドからポイント圏内で果敢なバトルを展開するが、ブレーキのオーバーヒートの問題でリタイアを余儀なくされた。

「まず、F1でレースに戻ってくることができて素晴らしい気分だった」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「スタートは楽しかったし、いくつか順位をあげ、かつての仲間と楽しいバトルをした。でも、最後にチェッカーフラッグを見れなかったのは残念だ」

「2回目のピットストップ後に発生したその問題はリアブレーキの問題だった。ブレーキダクトにデブリが入り込んで、マシンの温度がオーバーヒートした」

「レースに目を向ければ、ミッドフィールドはとても接戦だったし、ほんとコンマ数秒でかなり順位が変わると思う。見ていて競争力のあるとても面白いシーズンになると思うよ。イモラでまた懸命に戦うつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / F1バーレーンGP / アルピーヌ