フェルナンド・アロンソ F1 ホンダ
フェルナンド・アロンソは、ホンダがもたらすどんなに“小さなステップ”でもポジティブだと感じてはいるが、F1オーストリアGPでホンダが投入する“スペック3”のパワーユニットに期待はしていないと語る。

ホンダの2017年型F1パワーユニットは、プレシーズンテストからトラブルが多発。マクラーレンはチーム史上最悪なシーズンを過ごしており、両ドライバーはホンダのパフォーマンスと信頼性に欠けるパワーユニットを嘆いている。

ホンダは、前戦F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行で“スペック3”エンジンをテストし、パワー向上を確認。F1オーストリアGPではさらにマッピングを熟成させて、2台のマシンに投入する。

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介は、“スペック3”がコンマ2~3秒のゲインを生み出すと語っているが、フェルナンド・アロンソは、数値ではなく、実際のコース上でのパフォーマスが重要だと考えている。

「ホンダは厳しい3年間の後、昼夜を問わず働いている」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「でも、様子を見てみなければならない。理論的な数値はそれほど議論する価値はないからね」

「見てみようよ。コース上でパフォーマンスがどうかを確認する必要があるのは明らかだ」

フェルナンド・アロンソは、ホンダのアップグレードを歓迎するが、ライバルメーカーを捕えるほどの劇的なパフォーマンス向上は期待していないと語る。

「僕たちはバクーでこのスペックを初めて走らせた。異なるマッピングだったので、フルのポテンシャルでははなかったかもしれない。ここでエンジンを搭載してどうなるか見てみよう。でも、小さなステップだと思うし、バクーでトップ5に入れるエンジンがあったとは思えない。小さなステップでも歓迎さだけどね」

F1アゼルバイジャンGPでは、パワーユニット交換による40グリッド降格ペナルティによって最後列からスタートしたフェルナンド・アロンソだが、クラッシュ多発の波乱のレースで堅実な走りを見せて今シーズン初ポイントを獲得。だが、搭載したエンジンは“スペック2”だった。

関連:2017 F1オーストリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダF1