フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、バルセロナテスト最終日のクラッシュで脳震盪を起こしたことにより、病院で一夜を過ごすことになった。

フェルナンド・アロンソは、休憩時間前にターン3で出口でウォールに接触。怪我はなかったが、脳震盪を起こしたことで、CTとMRIのスキャンを撮り、予防処置として一晩病院に泊まることになった。

マクラーレンのレースディレクターを務めるエリック・ブーリエは「フェルナンドのアクシデントはテストでよくある事故の一つだった」とコメント。

「幸い、彼は無事だが、事故の間に脳震盪を起こたため、予防処置として今夜は病院に泊まることになった。それは脳震盪を発症したあとにとる処置としては普通のことだ。事故後、いくつかのメディアが事故を誇張して報じていたが、テストでよくある普通の事故だった」

午後からジェンソン・バトンが走行を引き継ぐ予定だったが、マクラーレンはマシンを修復しないことを決めた。

「マシンはそれほど大きなダメージを受けているわけではなかったが、ギアボックスとパワーユニットのシステムに長い時間チェックするだけの衝撃を受けていた。分析に時間を要することを考慮し、私たちのテストは予想よりも数時間早くカーテンを下ろすことを決定した」

「チーム全体にとってタフな週となったが、私たちはまた戻ってくる。そして、来週のバルセロナでは、これまで以上にハードにプッシュしていく」

マクラーレン・ホンダは、バルセロナテストでもMGU-Kのシールの不具合に苦しみ、4日間でわずか124周の走行に留まった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | ホンダF1 | マクラーレン