フェルナンド・アロンソ
フェルナンド・アロンソは、F1イタリアGPの予選で流れた無線でのメッセージの重要性を否定した。

フェルナンド・アロンソは、フェリペ・マッサとスリップストリーム戦略を実施していたが、セッション終盤近くの無線で怒りをあらわにしていた。

だが、フェルナンド・アロンソはテレビで放送された無線のメッセージは間違った印象を与えるとし、パフォーマンスには本当に満足だったと主張した。

「無線で、僕たちがそれをやりたいのであれば、今はフェリペがちょっと離れ過ぎていると言った。彼らはちょっと彼を減速させたし、僕たちはいつもと同じ距離で最後の試みを開始した」とフェルナンド・アロンソはコメント。

「彼らは、僕がフェリペとチームにありがとう、そして最終的には完璧だったと言った最後の無線メッセージを出さなかった」

「間に(ジャン・エリック)ベルニュがいて、お互いにちょっと離れ過ぎていたし、僕は前にクルマがいなかったので、無線でそう言った。フェリペはパラボリカで待っていたし、だいたい同じ距離でラップをすることができた」

「フェリペのおかげだと言わなければならない。僕たちはQ1とQ2でもそれをしたし、最終的にそれはQ3でもうまくいった」

関連:フェルナンド・アロンソ、スリップストリーム戦術失敗も“満足”

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / フェラーリ