フェルナンド・アロンソの2019年05月のF1情報を一覧表示します。

マクラーレン 「アロンソのためにインディ500に参戦したわけではない」

2019年5月31日
F1 マクラーレン インディ500
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、マクラーレンとしての今後のインディ500への関与は、フェルナンド・アロンソが同チームと継続するかどうかには結びついてないと語る。

今年、マクラーレンは、世界3大レースでの3冠を狙うフェルナンド・アロンソとともに独自のエントリーでインディ500に挑戦。しかし、まさかの予選落ちを喫し、今後どのように取り組んでいくかを検討している。

オリオール・セルビア、インディ500予選後のアロンソとの電話を明かす

2019年5月25日
フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、オリオール・セルビアのインディ500のシートを購入することは“非道徳的”だったと感じたようだ。

フェルナンド・アロンソとマクラーレンはインディ500で予選落ちを喫したが、インディ500のルールでは、予選落ちしたチームが予選を通過したチームのエントリーを購入してグリッドに並ぶことが許されている。

マクラーレン 「フェルナンド・アロンソとの関係は壊れていない」

2019年5月24日
F1 マクラーレン フェルナンド・アロンソ
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソとマクラーレンとの関係は壊れていないと主張する。

フェルナンド・アロンソは、世界3大レースでの“3冠”を目指して今年のインディ500の予選に挑んだが、準備不足のマクラーレンの数々の失態も重なり、まさかの予選落ちを喫することになった。

フェルナンド・アロンソ 「トリプルクラウン達成は諦めていない」

2019年5月21日
F1 フェルナンド・アロンソ
2019年のインディ500で予選落ちを喫したフェルナンド・アロンソだが、世界3大レースでの“3冠”達成という目標は諦めないと語る。

F1モナコGP、ル・マン24時間レースを制しているフェルナンド・アロンソは、最後の1冠をかけて今年のインディ500に挑んだが、予選で33位以内に入ることができず、決勝に進出することなくインディアナポリスを去ることになった。

フェルナンド・アロンソ、インディ500の出場権購入の提案を拒否

2019年5月21日
フェルナンド・アロンソ インディ500
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソにインディ500の出場権を購入することを提案したが、2度のF1ワールドチャンピオンであるアロンソは、他のドライバーからそれを奪うことを拒否したと明かした。

世界3大レースでの3冠を目指して今年のインディ500にマクラーレンとともに挑戦したフェルナンド・アロンソだったが、予選で上位33台に入ることができず、まさかの予選落ちとなった。

インディ500予選落ちのマクラーレン、アロンソのための出場権購入を否定

2019年5月21日
マクラーレン インディ500 フェルナンド・アロノソ
マクラーレンは、予選落ちしたフェルナンド・アロンソをインディ500に参戦させるためにライバルのインディカーチームのエントリーを購入することを否定した。

今年、カーリンと提携してフェルナンド・アロンソともにインディ500に挑んだマクラーレンだが、プラクティスからトラブルに見舞われ、予選でも33番手以内のスピードを記録することができずに予選落ちとなった。

フェルナンド・アロンソ、インディ500 予選落ち 「難しい週末だった」

2019年5月20日
フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、インディ500の予選で上位33台に入ることができず、予選落ちとなった。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、昨年限りでF1キャリアに終止符を打ち、今年、世界3大レースでの“3冠”達成という目標を達成するためにインディ500に2度目の挑戦をした。

フェルナンド・アロンソ、インディ500の予選落ちが決定

2019年5月20日
フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、2019年のインディ500で予選落ちが決定した。

5月19日(日)、インディ500の予選は2日目を迎え、まずは最後列の3つのグリッドを6台で争うラストロウ・シュートアウトが行われた。当初、現地時間12時15分に開始される予定だったラストロウ・シュートアウトだが、開始時刻のサーキットには小雨が降り始め、その後、本降りに。

フェルナンド・アロンソ、インディ500で予選落ちの危機

2019年5月20日
フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、インディ500の予選1日目に30番手以内のタイムを記録できず、2日目に最後列の3つのグリッドをかけた一発勝負のシュートアウトに回ることになった。

「冷静さを保つ必要がある。チームの全員、そして、僕にとって難しい瞬間だったけど、今の僕たちにできることはそれほど多くはない」とフェルナンド・アロンソはコメント。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム