フェルナンド・アロンソ インディ500
フェルナンド・アロンソは、2019年のインディ500で予選落ちが決定した。

5月19日(日)、インディ500の予選は2日目を迎え、まずは最後列の3つのグリッドを6台で争うラストロウ・シュートアウトが行われた。当初、現地時間12時15分に開始される予定だったラストロウ・シュートアウトだが、開始時刻のサーキットには小雨が降り始め、その後、本降りに。

だが、2時間が経過した頃から晴れ間が見え始め、現地時間4時30分からセッションが行われた。

予選タイムはアウトラップ+ウォームアップラップ1周に続いて、4周での平均スピードによって決定する。

金曜日のくじ引きの順番により、ジェームス・ヒンチクリフ(アロウ・シュミット・ピーターソン)、マックス・チルトン(カーリン)、フェルナンド・アロンソ、セージ・カラム(ドレイヤー&レインボールド)、パトリシオ・オワード(カーリン)、カイル・カイザー(フンコス・レーシング)の順でアタック。

マクラーレンは前日にフェルナンド・アロンソのマシンをバラして一から組み直し、アンドレッティからダンパーのデータをもらって予選に挑んだ。

3番目に走行したフェルナンド・アロンソは227.353(L1:227.777、L2:227.278、L3:227.137、L4:227.221)mphを記録。最後の走者となったカイル・カイザーの記録を待った。しかし、カイル・カイザーがそれを227.372を記録したことで、アロンソは予選総合34番手となり、バンプアウトが決まった。

フェルナンド・アロンソの他にマックス・チルトン、パトリシオ・オワードの予選落ちが決まった。

世界3大レースでの“3冠”を目指したフェルナンド・アロンソのインディ500への再挑戦はレースを走ることなく終了した。。だが、現地では、フェルナンド・アロンソが予選を突破したチームからシートを買うのではないかとの噂が早くも流れている。

2019 インディ500 ラストロウ・シュートアウト 結果
Pos.No.DriverTeam Speed
3124セージ・カラムドレイヤー&レインボールドC227.740
325ジェームス・ヒンチクリフアロウ・シュミット・ピーターソンH227.543
3332カイル・カイザーフンコス・レーシングC227.372
3466フェナルンド・アロンソマクレーン・レーシングC227.353
3531パトリシオ・.オワードカーリンC227.092
3659マックス・チルトンカーリンC226.192


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | インディカー