フェルナンド・アロンソ インディ500
マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、フェルナンド・アロンソにインディ500の出場権を購入することを提案したが、2度のF1ワールドチャンピオンであるアロンソは、他のドライバーからそれを奪うことを拒否したと明かした。

世界3大レースでの3冠を目指して今年のインディ500にマクラーレンとともに挑戦したフェルナンド・アロンソだったが、予選で上位33台に入ることができず、まさかの予選落ちとなった。

インディ500のルールでは、予選落ちしたチームが予選を通過したチームのエントリーを購入してグリッドに並ぶことが許されている。

ザク・ブラウンは、当初、スポンサーの義務を果たすことが正しいビジネス上の決定であるとしてフェルナンド・アロンソのために他のマシンのエントリーを購入することを提案したが、アロンソはそれを拒否したという。

マクラーレンは、アロウとパートナーシップを結んでおり、アロウ・シュミット・ピーターソンのオリオール・セルビアのシートに照準を定めていた。

「フェルナンドは何も間違ったことはしていない。彼はレースに参加する必要があるし、レースに参加するべきだった。我々にはレースに参加したいと思っている多くのパートナーがいる」とザク・ブラウンは AP通信 にコメント。

「我々は彼に『シートを買うか?』と聞いたが、彼は『このレースに参加するために何が必要かはわかっている。僕のチームが買うすろで他のドライバーが稼いだものを奪うのは正しいことだと思えない』と語った」

「フェルナンドとマクラーレンには多くのプライドがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: フェルナンド・アロンソ | インディカー