バルテリ・ボッタス 「上位マシンとのペースギャップは大きくない」 / アルファロメオF1チーム スペインGP 予選
バルテリ・ボッタス(アルファロメオF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を7番手で終えた。

今週末、アルファロメオF1チームは、C42に大幅なアップデートを投入。バルテリ・ボッタスは、アップデートは機能していると手ごたえを感じており、フェラーリ、レッドブル、メルセデスに次ぐ、7番グリッドのポジションを獲得した。

「今日の結果に満足している」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「強力な予選ができたし、明日は本当に良い場所にいる。理論的にこのトラックが僕たちにあまり適しているとは思っていなかったけど、アップグレードはパフォーマンス面で僕たちに良い一歩を与えたと思う。FP3は堅実だったし、昨日失った一部を補うことができ、1日を通して各ランで非常に一貫性があった」

「このコースでオーバーテイクするのは簡単ではないと思うので、良い予選ができてうれしい。P7は今日得られる最高の結果だったと思うし、それを達成できて満足している。フロントのマシンとのギャップはそれほど大きくない!僕たちの車は通常、レースでより良いので、良い日曜日になるかもしれない」

チームメイトの周冠宇はQ2で敗退して15番手だった。

「トップ10を目指して戦うペースは確かにあるので、明日のレースについては楽観的だ。今日はP10またはP11で戦うことができたと確信している」と周冠宇はコメント。

「Q1終わりにトラフィックに巻き込まれたマイアミの状況を避けたかったので、予選の前半でソフトタイヤで3回走ることにした。それは安全な選択だったけど、後から考えると、2周目はQ2に入るのに十分だった。Q2でフレッシュなタイヤがないのは常にトリッキーだけど、それが僕たちの状況だったし、それを最大限に活用した」

「明日はポジションを上げて、最終的にトップ10入りを目指していく」

アルファロメオ・レーシング スペイングランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1 / F1スペインGP / バルテリ・ボッタス / 周冠宇