アルファロメオF1 「将来フェラーリの若手を起用することにはオープン」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2022年にアントニオ・ジョビナッツィを放出したにも関わらず、将来、F1ドライバーラインナップの一部としてフェラーリのジュニアドライバーを起用することにはオープンなままだと語る。

アルファロメオF1は、メルセデスF1から移籍するバルテリ・ボッタスとF2の卒業生である周冠宇と契約し、2022年にまったく新しいドライバーラインナップを起用する。

フェラーリとの既存のF1エンジン契約に合意した2018年以来、チームがフェラーリF1の若手ドライバーの一人を起用しないのは初めてとなる。

現在のフェラーリF1のドライバーであるシャルル・ルクレールは、2018年にチーム(当時はザウバーとして知られていた)でデビューを果たした。2019年にルクレールがフェラーリF1に昇格した後、2019年からはアントニオ・ジョビナッツィがそのシートを譲り受けた。

アルファロメオF1にチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、昨年7月にフェラーリF1との新しいパワーユニット契約についての交渉で柔軟性を確保した後、2022年のラインアップについては自由に選択できることを確認していた。

しかし、フレデリック・ヴァスールは、アルファロメオF1が将来的にフェラーリの若手ドライバーを走らせることにオープンであり続けることを明らかにした。

「将来、フェラーリと再び仕事をする可能性がないという別の選択肢を選ぶことにしたわけではない」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「ドライバーのコラボレーションに関して今後10年間の計画を立てて、『OK、今後10年間、ルーキーを起用する』とは言えないので、ケースバイケースで行う必要がある。フェラーリは毎年F1に卒業するドライバーを抱えている必要はない。パイプの入り口に毎年ドライバーがいるわけではない」

「我々はケースバイケースで取り組む必要があり、これは両当事者に完全に理解されている」

実際、シャルル・ルクレールとアントニオ・ジョビナッツィだけでなく、近年、多くのフェラーリの若手ドライバーがアルファロメオF1でマシンを走らせる機会を享受している。

昨年、カラム・アイロットは、アルファロメオF1のテスト兼リザーブドライバーを務め、ミック・シューマッハは、2021年にハースF1でデビューする前に、アルファロメオF1でプラクティスセッションに参加した。

フェラーリF1は、今週初めに2022年のドライバーアカデミー計画を発表。今年はF2でレースをするドライバーがいないことを確認している。

ロバート・シュワルツマンはフェラーリの公式テストドライバーとして1年間傍観する予定だが、チームが若手ドライバーに少なくとも1年に2回のFP1セッションを義務化する新しいルールが採用されたことで、何人かがプラクティスセッションで走る可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオF1