アルファロメオF1、ジョビナッツィ離脱も「フェラーリとの関係は緊密」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、2022年にアントニオ・ジョビナッツィを周冠宇に交代するにも関わらず、フェラーリとの関係は緊密なままだと語る。

フェラーリは、アルファロメオF1にエンジンを供給しており、アントニオ・ジョビナッツィは、フェラーリのドライバーアカデミーからチームに加入した。

アントニオ・ジョビナッツィの離脱は、マーカス・エリクソンとパスカル・ウェーレインを起用した2017年以来、同チームにフェラーリが支援するドライバーがいないことを意味する。

ブランド変更前にザウバーだったアルファロメオは、2018年にフェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールをデビューさせた。

今シーズン末にF1を引退する2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンは、2019年にフェラーリから移籍した。ライコネンは、フェラーリに昇格するシャルル・レクレールに代わって2001年にF1デビューを果たしたチームに復帰した。

だが、2022年にキミ・ライコネンの後任として、現メルセデスのバルテリ・ボッタスが加入し、周冠宇はアルピーヌのアカデミー出身となる。

「我々が関係をブルドアップしていたとき、明らかな状況だった。我々はシャルルはすでにいくつかのFP1を走り、アントニオはパイプラインにいました」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「しかし、アカデミーのための1つのシートをブロックすることは問題ではなかった。アカデミーには毎年優れたドライバーがいるわけではないため、少し非現実的だ。それは最終的には彼らにとっても意味がない」

フレデリック・ヴァスールは、エンジンの供給はチームのドライバーの選択に関連しているという一般的な誤解があったが、そこには義務はないと述べた。

彼は、若いドライバーに関するフェラーリとの将来のコラボレーションに対して“オープン以上”であり、今週末のF1カタールGPでこの問題について話し合うと述べた。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、フェラーリのF1エンジンを搭載するハースF1でルーキーシーズンを過ごし、2022年も残留が決まっている。

「我々はパートナーシップのこのサイドを発展させることに非常に熱心だが、それはまったく義務ではない」とフレデリック・ヴァスールは語った。

アントニオ・ジョビナッツィは、チームで3シーズンを過ごし、合計59レースのスタートを切り、2019年のF1ブラジルGPでの5位がベストリザルト。ジョビナッツィの離脱により、F1グリッドからイタリア人ドライバーは姿を消す。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / フェラーリ / アントニオ・ジョビナッツィ