アルファロメオF1代表 「2022年シーズン序盤はカオスに陥る可能性がある」
アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、新しいレギュレーションによって2022年シーズン序盤は“カオス”に陥る可能性があると警告するが、彼は新しいルールが「経済的およびスポーツ上の理由」でポジティブであることを認めている。

「新しいルールは、より激しいレースと、より多くの戦いをもたらすだろう」とフレデリック・ヴァスールは  Ilta Sanomat に語った。

しかし、フレデリック・ヴァスールは、通常、F1での大きなルール変更は早い段階では大きなパフォーマンスのギャップをもたらすため、それが始まるまでに時間がかかる可能性があることを認める。

「例えば、現在のギャップは数年前よりはるかに小さい」とフレデリック・ヴァスールは語った。

「今年は特に良いシーズンだった。マックスとルイスの間の最前線での競争は激しく、6~16位はしばしばコンマ数秒しか離れていない」

しかし、それは2022年には非常に異なるストーリになる可能性があるとフレデリック・ヴァスールは認める。

「それはいつも同じストーリーだ」とフレデリック・ヴァスールは主張する。

「このような状況では、チームはしばしば異なる方向に進み、誰かがそこから本当に大きなアドバンテージを得る可能性がある」
「その後、他の人は反応しなければならないが、最初は状況はもっとカオスに陥っているかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング