アルファロメオF1、周冠宇との契約はスーパーライセンス確定待ち?
アルファロメオF1は、周冠宇がスーパーライセンスを取得次第、契約を発表するとイタリアメディアが報じている。

アルファロメオF1は、今季限りでF1引退のキミ・ライコネンの後任としてバルテリ・ボッタスの加入を発表しているが、誰がボッタスのチームメイトになるかはまだ発表していない。

現在、アルファロメオF1のドライバーを務めるアントニオ・ジョビナッツィの将来は非常に脅威にさらされており、フォーミュラEチャンピオンのニック・デ・フリースとFIA-F2でタイトル争いをしている周冠宇が彼のシートにリンクされている。

過去数週間の報道では、周冠宇がアントニオ・ジョビナッツィの後任の最有力候補に挙げらており、中国の周冠宇のスポンサーは、3000万ユーロ(約38億円)のスポンサーをチームにもたらす準備ができているとされている。

「周はF2で良い仕事をしている。彼がリストに載っているのは確かだ」とアルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは認めている。

「彼が中国人だからという理由ではない。彼はF2のフロントランナーだ。いくつかのレースに勝っている。そして、私はF1のすべてのチームが彼に注目をしていると思う」

「今、彼らはより標準的なトラックに戻ってきており、F2の若い男たちはより多くの経験を積んでいる。我々がいる2~3のイベントで、F2のすべてのドライバーの進化がわかるだろう」

Auto Motor und Sport は、アルピーヌF1のジュニアドライバーである周冠宇は複数年契約を望んでいるが、アルファは1年契約のみをオファーすることを望んでいるため、契約はまだ成立していないと報じている。

しかし、イタリアのメディアでは、すでに合意が成立しているし、発表を遅らせているる唯一のことは、周冠宇がスーパーライセンスを確保することだと報じている。

「ヒンウィルを拠点とするチームは、2022年シーズンにバルテリ・ボッタスに加わるドライバーとして、中国人ドライバーに賭けるだろう」とイタリアの Motorsport は報じた。

「しかし、ヴァスールが率いるスタッフは、若いアジア人がスーパーライセンスを取得できるようにするFIAポイントを加算するのを待つことを余儀なくされている」

「もし、そうなら、アントニオ・ジョヴィナッツィの結果に関係なく、彼の”ビショーネ”との運命は封印されるだろう・・・」

周冠宇はすでに必要な40ポイントのうち29ポイントを獲得しており、現在F2でランキング2位に位置しているため、今年はF1スーパーライセンスを確保することはほぼ確実だと考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング