アルファロメオF1マネジャー、モンツァでの一件は「25年間で最大のミス」
アルファロメオのチームマネージャーを務めるビート・ツェンダーは、F1イタリアGPでキミ・ライコネンのレースタイヤを間違えるという失態は、彼のF1でのすべての時間の間に犯したなかで最悪なミスであることは間違いだったと語る。

F1イタリアGPでは、キミ・ライコネンは本来Q2でタイムを記録したソフトタイヤでスタートしなければならなかったが、ピットレーンからミディアムタイヤでレースをスタート。10秒のストップ・アンド・ゴー・ペナルティを科せられた。

Q3でクラッシュを喫してマシンが破損。予選とは異なるスペックのエンジンに交換したことでパルクフェルメ状態を破ったことになり、ピットレーンスタートとなった。チームはタイヤを変更できると考えたが、ルールではモノコックを交換しない限りはタイヤを変更することは許可されていない。

レース後、キミ・ライコネンは「ペナルティを説明できないし、ルールはわからない。誰かがどこかで馬鹿げたことをした。その馬鹿げたセットは完全に役に立たなかった」と不満をあらわにした。

1994年からザウバーで仕事をしており、合計455戦のグランプリを担当しているビート・ツェンダーは、ルールが適切に守られていることを確認するのは自分の責任であったことを認め、「25年間で最大のミスだった」と語った。

「私は決勝では予選タイヤのソフトでスタートしらなければならないことを知ってなければならなかった」と Blick にお面と。

ピットレーンからスタートしたにもかかわらず、キミ・ライコネンは10周目で15位まで順位を上げたが、ペナルティを受けて再び後退。なんとか再び15位でフィニッシュしたが、ポイントを争うチャンスはなかった。

「今日、タイヤにあのような間違いがなかったら、きっともっと高い順位でフィニッシュできていただろう」とキミ・ライコネンは語った。

ビート・ツェンダーは、ペナルティがなければ、キミ・ライコネンがほぼ確実に13位以上だったと考えている。。

「今後25年間、このようなフロップが二度と起こらないことを願っている」とビート・ツェンダーは語った。

少なくとも、アルファロメオのガレージの反対側には慰めがあり、アントニオ・ジョヴィナッツィは9位でフィニッシュして2位ポイントを獲得した。

アントニオ・ジョビナッツィは、前戦F1ベルギーGPでポイント圏内を走行しながら最後から2周目でクラッシュを喫してリタイアしている。

「この結果により、彼はスパでのミスを補った」とアルファロメオの名誉ゲストとしてモンツァを訪れていた元チーム代表のペーター・ザウバーは語った。

現在のチーム代表のフレデリック・ヴァスールは「アントニオがついに才能を発揮したことを嬉しく思う。チームの全員が彼に与えた信頼に報いる結果だ」とコメント。

「残念ながら、キミは記憶に残るようなレースではなかった。ピットレーンスタートから挽回することは困難な仕事だったが、間違ったタイヤを彼のクルマに装着したことで、ポイントへの望みは潰えた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルファロメオ・レーシング / F1イタリアGP