F1 アルファロメオ・レーシング ドイツGP
アルファロメオ・レーシングは、F1ドイツGPの決勝でキミ・ライコネンが7位、アントニオ・ジョビナッツィが8位でチェッカーを受けたが、2台のマシンにスタート時のクラッチ設定に違反があったとしてペナルティを科せられ、ライコネンが12位、ジョビナッツィが13位に降格した。

アルファロメオ・レーシングは、この裁定を不服として上訴する意向を示している。

フレデリック・ヴァスール(チーム代表)
「両マシンがペナルティを科され、このようなエキサイティングなレースでポイント圏外に降格となり本当に落胆している。状況はスタンディングスタートの前にセーフティカーの後ろを走っている最中に発生し、我々の管理の及ばないクラッチの機能不全に陥ってしまった。問題についてはさらなる調査を行っていく。FIAのプロセスとスチュワードの仕事は尊重するが、この決定には上訴するつもりだ。それを撤回する根拠と証拠があると確信している。この件に関しては間もなくFIAに連絡する。キミとアントニオはチャレンジングなコンディションで非常に素晴らしい走りを見せ、7位と8位は彼らのパフォーマンスに対する正当な報酬だった。チームは2台をポイント圏内に入れるために本当に懸命に働き、我々は再びミットフィールドの先頭で戦えるペースがあることを示した。このレースはF1の素晴らしいショーケースだっただけにこのような形で終わってしまったのは残念だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: アルファロメオ・レーシング | F1ドイツGP