アレクサンダー・アルボン、ニュルブルクリンクのレース2でDTM初勝利
レッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンが、日曜日にニュルブルクリンクで開催されたDTM(ドイツツーリングカー選手権)のレース2でDTM初優勝を果たした。

2019年と2020年にF1を戦ったアレクサンダー・アルボンだが、2021年にレッドブル・レーシングがセルジオ・ペレスを獲得したことで、リザーブドライバーに降格した。

レッドブルは、2021年にDTMへの参戦を開始し、アレクサンダー・アルボンとジュニアドライバーのリアム・ローソンは、それぞれアルファタウリとレッドブルのカラーリングを施したAFコルセのフェラーリ 488 GT3 Evoを走らせている。

これまで2度の3位表彰台を表彰台を獲得したアレクサンダー・アルボンは、昨年10月にF1を戦ったニュルブルクリンクでポールポジションからのレースをコントロールした。

F1を離れた後、アレクサンダー・アルボンはシーズン序盤にDTMでパフォーマンスを失っているように見えたが、ニュルブルクリンクでの初ポールポジションと初勝利で批評家たちに結果を示した。

アレクサンダー・アルボンは、GT3レーシングカーを初めて本当に快適に感じた。チームは一夜にしてフェラーリ 488 GT3 Evoを優勝マシンに変えた。

チームメイトのリアム・ローソンとの比較について言及したアレクサンダー・アルボンは「私が影に隠れていたとは思わない」と語った。

ニュージーランド出身の19歳のリアム・ローソンは、モンツァの開幕戦でレース1で優勝。さらに3つの表彰台を獲得してチャンピオンシップを目指して戦っている。一方、アレクサンダー・アルボンはフォーミュラレーシングからの切り替えに苦労しているようだった。

ニュルブルクリンクでの週末までにモンツァとゾルダーで2度の表彰台を獲得していたが、アレクサンダー・アルボンにとって大きな進歩は難しいように思われた。

「F1カーからGT3に慣れるのに少し時間がかかるのは普通だと思う。違うマシンだからね」とアレクサンダー・アルボンは語る。

「かなり強いレースがいくつかあった。予選で少し問題があっただけだった」

予選の問題は、土曜日の時点では完全に根絶されたわけではなかった。レース1の予選では9番手だった。したがって、日曜日のポールポジションを獲得したことは多くの点で驚きだった。アレクサンダー・アルボン自身、当初は雨によってそれが可能になっただけだと信じていたと語る。

「昨日、特にレースではペースがかなり外れていた。雨の中でポールポジションを獲得したけど、今はどうだろう?と思った。レースがドライだったからね」とアレクサンダー・アルボンは説明する。

だが、レースではすぐにフェラーリ23号車がこの日のドライでもペースが速いことがすぐに明らかになりました。

「最初の数周後、僕たちはスイートスポットに到達し、問題を解決したことが分かった」

モータースポーツでは常だが、成功への鍵はタイヤだった。残念な土曜日の後、AFコルセのクルーはセットアップであらゆる手段を講じた。

「あらゆる面で苦労していたので、少し戸惑っていた。タイヤはまったく機能していなかった。夜間にすべてのデータを調べて、解決策だと思えるものを考えだした」とアレクサンダー・アルボンは説明する。

雨の予選は代表的な条件下で変化をチェックする機会を奪った。したがって、レース開始前のクエスチョンマークは大きかった。しかし、アレクサンダー・アルボンはスタート時と数回のリスタートの間で自信を持ってリードを維持した。

「僕たちはセットアップを変えなかったけど、幸いなことにそれが機能した」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「タイヤはピレリ(F1)とは異なるものだし、まだ少し違和感はある。独自の方法で機能する。僕たちは正しいステップを踏んだし、チームにとっても大きな勝利だ。マシンを一晩でひっくり返した」

一連の事故で23人のドライバーのうち14人だけがチェッカーフラッグを受けた。混乱にもかかわらず、アレクサンダー・アルボンはリードを維持した。

「最初のスタートとその後のリスタートではすべてをコントロールできた。それほど難しいことではなかった。うまく逃げることができれば、1番手になれる」とアレクサンダー・アルボンは語った。

だが、最後のリスタートでは、ピットストップ後にアレクサンダー・アルボンはトップ10圏外にいた。アルボンの前は全員がまだ古いタイヤを履いていた。

トラフィックのなかでアレクサンダー・アルボンは、レッドブルのF1レースで名を馳せたレースクラフトを披露した。

「攻撃的になりたくない立場にいる。実際にはリードしているけど、それでもすぐに全員を追い抜く必要があった。そうしなければ、他に抜かれてしまう。積極的であると同時に注意が必要だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / DTM(ドイツツーリングカー選手権)