アルボン、不要なクラッシュを謝罪「ガレージのみんなに申し訳ない」 / レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP 金曜フリー走行
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、2020年のF1世界選手権 第15戦 F1バーレーンGPのフリー走行2回目にクラッシュを喫し、「ガレージのみんなには申し訳ない」と謝罪した。

FP1ではチームメイトのマックス・フェルスタッペンから0.008秒差の7番手につけたアレクサンダー・アルボン。だが、FP2ではセッション中盤に最終コーナーで大きなクラッシュを喫し、アウト側のウォールにヒットした。

幸いにもアレクサンダー・アルボンにケガはなかったが、ホンダF1はPUについてはダメージの詳細を確認し、レッドブルと対応を決めていくとしている。

「FP1からマシンの感触は上々だったので、FP2では新たなことをいくつか試したけど、それがうまくいかなかった」とアレクサンダー・アルボンはコメント。

「セッション後半では路面のグリップの少なさにやや驚いたし、アクシデントでは少しおかしな角度からヒットしてしまった。僕自身は問題ないし、こうしたことは起こり得るものではあるけど、ガレージのみんなには申し訳ないと思っている」

「今年はリアタイヤの扱いに苦戦してきたけど、不思議なことに今日はフロントにそれが見られたので、確認してより長く持たせるためにどうすればいいかを見ていく。また、今日はいくつかの種類のプロトタイプタイヤを試したけど、どれもあまりグリップが得られなかったので、ここからピレリが開発していくだろうし、改善してくれればと思っている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アレクサンダー・アルボン / レッドブル / ホンダF1 / F1バーレーンGP