マクラーレン、ストフェル・バンドーンのマノーでのF1参戦を否定

2016年7月26日
ストフェル・バンドーン
マクラーレンは、ストフェル・バンドーンが、リオ・ハリアントに代わってマノーからF1参戦するとの報道を否定している。

マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを止めるストフェル・バンドーンは、負傷したフェルナンド・アロンソの代役として今年の第2戦バーレーンGPに出場してポイントを獲得している。

ストフェル・バンドーン、リオ・ハリアントに代わってマノーから途中参戦?

2016年7月24日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンが、リオ・ハリアントに代わってマノーでシーズン後半のF1を戦う可能性が浮上している。

リオ・ハリアントの契約は、最初の10戦のみとなっており、商業的な観点で今週末以降のシートはまだ保証されていない。リオ・ハリアントのマネージャーは、まだインドネシアおよびアジアの他の地域でさらなる資金提供を求めており、チームプリンシパルのデイブ・ライアンも、リオ・ハリアントがシーズン終了まで続ける方法を探すことがプライオリティだと述べてきた。

ストフェル・バンドーンはリタイア / スーパーフォーミュラ 第3戦

2016年7月17日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、スーパーフォーミュラ第3戦富士の決勝レースをリタイアで終えた。

前日の予選で初ポールポジションを獲得したストフェル・バンドーン。しかし、スタートに失敗し、1コーナーでコースアウトしたことで、しばらく4位でレースを進めていた。

しかし、レース終盤、1コーナーで左フロントから黒煙を上げてスピン。グラベルにつかまってレースをリタイアした。

ストフェル・バンドーン、ポールポジション獲得は「狙い通り」

2016年7月17日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンが、スーパーフォーミュラ参戦3レース目でポールポジションを獲得した。

朝から時折降る霧雨のため、午後の予選はウェットコンディションで始まり、路面が徐々にドライコンディションに近づいていく展開となった。

その中でも、午前中のフリー走行から好調な走りを見せていたストフェル・バンドーンは、予選Q1で1分43秒343のトップタイムを記録。

スーパーフォーミュラ:ストフェル・バンドーンが初ポールポジション

2016年7月16日
スーパーフォーミュラ
スーパーフォーミュラ 第3戦 富士スピードウェイの予選が16日(土)に行われ、ストフェル・バンドーンが初ポールポジションを獲得した。

予選Q1はウェットコンディションでスタート。その後Q2、Q3と進むにつれ路面も乾いていき、タイムもどんどん上がっていった。

チェッカー直前、ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が、唯一の1分40秒台となる1分40秒778を記録。富士スピードウェイでの初めての予選でポールポジションを獲得した。

ストフェル・バンドーン 「速さではレギュラードライバーに負けない」

2016年7月15日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレン・ホンダに対して自分がフェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンと“同レベルの速さ”を持っていることをすでに証明したと考えている。

マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、昨年のGP2で圧倒的な強さでタイトルを獲得した。

ストフェル・バンドーン 「2017年はF1グリッドにいなければならない」

2016年7月14日
ストフェル・バンドーン 2017年
ストフェル・バンドーンは、2017年はF1でレースをしなければならないとし、マクラーレン・ホンダがジェンソン・バトンのシートを手渡さなかった場合の選択肢があると語る。

ストフェル・バンドーンは、すでにマクラーレン・ホンダで1戦を戦っている。4月に負傷したフェルナンド・アロンソの代役としてバーレーンGPに出場し、チームに初ポイントをもたらしている。

ストフェル・バンドーン 「バルセロナ以降のマシンの進歩を感じられた」

2016年7月14日
ストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、前回チームのためにテストをしたバルセロナでのインシーズンテストからマクラーレン・ホンダが遂げた進歩を感じることができたと述べた。

マクラーレンは、5月のバルセロナテスト以降、MP4-31に多くのアップグレードを導入しており、それ以降の5戦中4戦でQ3に進出している。

ストフェル・バンドーン 「内容には満足している」 / マクラーレン・ホンダ

2016年7月14日
ストフェル・バンドーン F1 シルバーストーンテスト
マクラーレン・ホンダは、F1シルバーストーンテスト2日目にストフェル・バンドーンが114周を走行し、5番手タイムとなる1分31秒764を記録した。

ストフェル・バンドーン (マクラーレン・ホンダ)
「かなり成功した一日を過ごすことができた。午前中にはやらなければならない多くの空力物があったし、その後はいくつか良い走行ができた。僕たちはいろいろな新しいシステムをクルマに搭載してテストした」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム