ストフェル・バンドーン 「マクラーレンは完全にアロンソ中心だった」
元マクラーレンのF1ドライバーであるストフェル・バンドーンは、当時チームメイトだったフェルナンド・アロンソが常にチームを完全にコントロールしており、“望んでいるものを手に入れていた”と語る。

2015年のGP2チャンピオンであるストフェル・バンドーンは、翌年、日本でスーパーフォーミュラに参戦しながら、マクラーレンのリザーブドライバーを務める、負傷したフェルナンド・アロンソに代わってF1バーレーンGPでF1デビュー。

チームメイトのジェンソン・バトンを抜いて10位でフィニッシュしたストフェル・バンドーンは、セバスチャン・ベッテル以来となるデビュー戦でポイントを獲得したリザーブドライバーとなった。

2015年のGP2チャンピオンは、スーパーフォーミュラでスティントを行い、負傷したアロンソの2016年バーレーングランプリをマクラーレンで代替しました。彼は他のマクラーレンで10位でフィニッシュし、ジェンソン・バトンを追い抜き、セバスチャン・ベッテル以来のデビュー戦でポイントを獲得した最初のリザーブドライバーとなった。

その活躍が評価され、2017年にマクラーレンでフルタイムのF1シートを獲得したストフェル・バンドーンだったが、周囲の期待に応えることができなかった。2シーズンを戦ったバンドーンは輝きを見せたものの、フェルナンド・アロンソに匹敵するパフォーマンスを示すことができなかった。

最新のインタビューで、ストフェル・バンドーンは、F1時代を振り返った。

「アロンソとは決して問題はなかった。でも、彼は常に自分が望むものを手に入れていた」とストフェル・バンドーンは Sport / Voetbalmagazine に語った。

「マクラーレンでは常に上層部の人間が2~3人いて、すべてがアロンソの望み通りになるようにしていた。チームは彼にすべてのサポートとパワーを与えていた」

ストフェル・バンドーンは、2018年に予選と決勝で一度もフェルナンド・アロンソを上回ることができなかったが、アロンソは常にバンドーンのことを称賛し、最速のチームメイトだと主張していた。

その理由についてストフェル・バンドーンは「結果ではアロンソの前でフィニッシュしたことはなかったが、彼のこれまでのチームメイトの中で最も近づいていてし、彼のすぐ後ろでさえあった。マクラーレンがフェルナンドを倒すなと直接言ったことはなかったが、レース中は頻繁に彼を抜かせるように頼んできた。ほとんどいつもそうだった」とストフェル・バンドーンは語る。

全体としてF1について、ストフェル・バンドーンはスポーツの常に存在する政治に感銘を受けていないが、それでもモータースポーツの最大のチャンピオンシップであると認めてる。

「誰もが仲良くしているけど、自分の利益を第一に考えるているちょっとしたフェイクの世界です」とストフェル・バンドーンは続ける。

「フォーミュラE、ルマン、WECでは、純粋なレースがみられる。政治のためではなく、実際にレースをするためにそこに行く」

「フォーミュラEは最大のチャンピオンシップであるF1のすぐ下に位置している。僕がドライブした中で最も競争力のあるクラスの1つだ。多くのドライバーはF1での経験があり、他のドライバーはF1を獲得できる血統を持っている」

今年、メルセデスのワークスドライバーとしてフォーミュラEで2シーズン目を迎えたストフェル・バンドーンは、開幕戦ディルイーヤePrixで3位表彰台を獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ストフェル・バンドーン / マクラーレン