「マクラーレンは常にアロンソ優先だった」とストフェル・バンドーン
ストフェル・バンドーンは、マクラーレンは常にフェルナンドアロンソを中心に構築されたと振り返る。

ジュニアキャリアで実績を挙げたストフェル・バンドーンだったが、マクラーレン・ホンダ時代、そして、ルノーにF1エンジンを搭載した後も、マクラーレンでチームメイトのフェルナンド・アロンソに匹敵することに苦労していた。

今季、フォーミュラEでのメルセデスのワークスドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、サウジアラビアの開幕2戦で表彰台フィニッシュを果たて新シーズンのスタートを切った。

27歳のストフェル・バンドーンは、F1は『誰もが自分の利益を守る偽の世界』だと Voetbalmagazine に語った。

フェルナンド・アロンソについては「アロンソとは決して問題はなかった。でも、彼は常に自分が望むものを手に入れていた」とストフェル・バンドーンはコメント。

「マクラーレンでは常に上層部の人間が2~3人いて、すべてがアロンソの望み通りになるようにしていた。チームは彼にすべてのサポートとパワーを与えていた」

わずか2シーズンでF1を去ることになったストフェル・バンドーンだが、過去のチームメイトよりも自分はアロンソに近い成績を残したと主張する。

「結果ではアロンソの前でフィニッシュしたことはなかったが、彼のこれまでのチームメイトの中で最も近づいていたし、彼のすぐ後ろでさえあった」とストフェル・バンドーンはコメント。

「マクラーレンがフェルナンドを倒すなと直接言ったことはなかったが、レース中は頻繁に彼を抜かせるように頼んできた。ほとんどいつもそうだった」

全体としてF1について、ストフェル・バンドーンはスポーツの常に存在する政治に感銘を受けていないが、それでもモータースポーツの最大のチャンピオンシップであると認めてる。

「フォーミュラE、ルマン、WECでは、純粋なレースがみられる。政治のためではなく、実際にレースをするためにそこに行く」

「フォーミュラEは最大のチャンピオンシップであるF1のすぐ下に位置している。僕がドライブした中で最も競争力のあるクラスの1つだ。多くのドライバーはF1での経験があり、他のドライバーはF1を獲得できる血統を持っている」

「フォーミュラEは未来だ。ますます多くの自動車メーカーが注目している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フェルナンド・アロンソ / ストフェル・バンドーン