ザウバー:コンストラクターズ選手権10位を守りきる / F1アブダビGP

2016年11月28日
ザウバー F1 アブダビ 結果
ザウバーは、F1アブダビGPの決勝で、マーカス・エリクソンが15位、フェリペ・ナッセが16位でレースを終えた。

2016年、ザウバーは、フェリペ・ナッセが2ポイントを獲得して17位、マーカス・エリクソンはポイントを獲得できず22位。合計2ポイントでコンストラクターズ選手権10位でシーズンを終えた。

ザウバー:Q1突破ならず / F1アブダビGP 予選

2016年11月27日
ザウバー F1 アブダビ 予選結果
ザウバーは、F1アブダビGPの予選で、フェリペ・ナッセが19番手、マーカス・エリクソンが22番手だった。

フェリペ・ナッセ (19番手)
「今日はクルマの最大限を引き出せたと思う。Q2に進むには十分ではなかったけどね。2セット目のウルトラソフトではクリーンなラップができたし、それなりのラップタイムを刻むことができた」

ザウバー:F1アブダビGP 金曜フリー走行レポート

2016年11月26日
ザウバー F1 速報 2016 アブダビ
ザウバーは、F1アブダビGP初日のフリー走行で、フェリペ・ナッセが18番手タイム、マーカス・エリクソンが19番手タイムだった。

フェリペ・ナッセ (18番手)
「複雑な一日だった。ソフトとスーパーソフトは良さそうだけど、何らかの理由でウルトラソフトを働かせるのに苦労していた。特にFP2での軽い燃料での走行では必要なグリップを得るのに苦労した」

ブラジル銀行、フェリペ・ナッセのスポンサーを終了

2016年11月25日
フェリペ・ナッセ ブラジル銀行
フェリペ・ナッセのスポンサーであるブラジル銀行は、ブラジルの経済状況により、F1から撤退することを発表。フェリペ・ナッセが2017年にF1グリッドに留まる可能性は急落した。

「ブラジル銀行はフェリペ・ナッセの才能を認めており、F1への彼のエントリーに対して責任あるスポンサーであることを誇りに思っている」とブラジル銀行は声明で述べた。

フェリペ・ナッセ、2017年の残留を諦めず 「まだザウバーと交渉している」

2016年11月24日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセは、2017年のシートについてまだザウバーと交渉していると語る。

ザウバーは、すでにマーカス・エリクソンの2017年のチーム残留を発表したが、2人目のドライバーを発表するには至っていない。

当初、フェリペ・ナッセもチーム残留が濃厚と見られていたが、メインスポンサーであるブラジル銀行のトップ交代によって交渉は難航。

パスカル・ウェーレイン、ザウバーのシート争いでリードとの報道

2016年11月23日
パスカル・ウェーレイン
パスカル・ウェーレインが、2017年のザウバーの2つ目のF1シートの最有力候補になったと Autosport が報じている。

今週、ザウバーは2017年のマーカス・エリクソンのチーム残留を発表。ザウバーは、フェリペ・ナッセも続投されると思われていたが、彼のメインスポンサーであるブラジル銀行のトップが交代となり、ナッセのスポンサーを継続するかの決定が先延ばしになっている。

ザウバー、マーカス・エリクソンの2017年の残留を発表

2016年11月21日
マーカス・エリクソン
ザウバーは、2017年もマーカス・エリクソンがチームに残留することを発表した。

2014年にケータハムでF1デビューを果たしたマーカス・エリクソンは、2015年にザウバーに加入。2017年はチームでの3年目となる。

「ザウバーF1チームでもう1年レースをするのは最高のニュースだ」とマーカス・エリクソンはコメント。

フェリペ・ナッセの父親 「小規模チームのシートはまるでオークション」

2016年11月18日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセの父親は、F1ブラジルGPでの9位入賞が、2017年のザウバー残留のチャンスを助けるよりも、もしろ窮地に追いやったとの報道は間違っていると語る。

F1ブラジルGPの結果により、ザウバーはコンストラクターズ選手権で10位に浮上し、1500万ドル(16億3300万円)とも言われる賞金を獲得する可能性が高くなった。

フェリペ・ナッセ、9位入賞が裏目に?シート喪失の危機

2016年11月17日
フェリペ・ナッセ
フェリペ・ナッセは、2017年のF1シートを獲得できないかもしれない。

フェリペ・ナッセは、母国レースとなったF1ブラジルGPで値千金となる9位入賞。ザウバーに今シーズン初ポイントをもたらしただけでなく、チームはコンストラクターズ選手権でマノーを抜いて10位に浮上した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム