マーカス・エリクソン
ザウバーは、F1ハンガリーGPの予選後にマーカス・エリクソンのシャシーを交換。マーカス・エリクソンはピットレーンから決勝レースをスタートすることになった。

マーカス・エリクソンは、ウェットコンディションで行われた予選Q1でターン10でクラッシュ。チームは予防措置としてシャシーを交換することを決定した。

今週末、マーカス・エリクソンは、新しいシャシーNO.4を使っていたが、レースでは、チームメイトのフェリペ・ナッセがハンドリングの問題のために手放したシャシーNo.2を使用する。ザウバーは、シャシーを分析し、何も問題は見つからなかったため、スペアとしてプールしていた。

シャシー変更によって、パルクフェルメ状態から出されたため、ピットレーンスタートのペナルティが科せられる。

シャシーを変更する前、マーカス・エリクソンは20番グリッドからスタートすることになっていた。

動画:マーカス・エリクソン、予選Q1でクラッシュ



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マーカス・エリクソン | F1ハンガリーGP | ザウバー