ルノー、バルテリ・ボッタス&ニコ・ヒュルケンベルグの起用を目指す

2016年10月14日
ルノー、バルテリ・ボッタスと交渉
ルノーは、2017年のドライバーに関して、ニコ・ヒュルケンベルグとバルテリ・ボッタスの起用を目指しているようだ。

ルノーは、近日中にニコ・ヒュルケンベルグと契約する準備が整っているとされている。

そして、もう一人のドライバーとして、ルノーは、バルテリ・ボッタスとの交渉を進めていると報じられている。

ルノー、ニコ・ヒュルケンベルグ獲得の可能性を否定せず

2016年10月10日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ルノーは、ニコ・ヒュルケンベルグと3年契約を結ぶことに決めたと海外メディアが報じている。

ルノーが、2017年にケビン・マグヌッセンとジョリオン・パーマーを放出することはより明白になってきている。

Turun Sanomat は、まだ契約は成立してはいものの、ルノーはドライバーの一人としてニコ・ヒュルケンベルグを起用すると断言。

ニコ・ヒュルケンベルグ、2017年のルノー移籍が確定?

2016年10月9日
ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー移籍
ニコ・ヒュルケンベルグは、2017年にルノーに移籍するのは間違いないと Auto Bild が報じてる。

同誌は、情報源はルノーの内部関係者だとし、ルノーはジョリオン・パーマーだけでなく、ケビン・マグヌッセンも放出することになると伝えている。

ケビン・マグヌッセンの2017年の契約オプションは来週で期限切れを迎えるが、 Auto Bild は、ルノーはニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトにフランス人ドライバーを希望していると伝えている。

フォース・インディア、ニコ・ヒュルケンベルグのルノー移籍を否定

2016年10月6日
ニコ・ロズベルグ
フォース・インディアは、ニコ・ヒュルケンベルグをライバルチームに奪われるかもしれないとの噂を否定した。

フォース・インディアは、セルジオ・ペレスとの契約を延長して、ルノー移籍の噂に終止符を打ったが、今後はチームメイトのニコ・ヒュルケンベルグにルノー移籍の噂が持ち上がっている。

ニコ・ヒュルケンベルグ 「日本の週末のハイライトはファンのみんな」

2016年10月4日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1日本GPにむけて鈴鹿サーキットと日本について語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (フォース・インディア)
「鈴鹿はお気に入りのトラックだ。とにかく素晴らしい流れがあるね。1つのコーナーからまっすぐに次のコーナーへと進む古き良きトラックだ。走っていて本当に楽しい。軽い燃料、ソフトタイヤ、多くのグリップで走る予選では特にね」

ニコ・ヒュルケンベルグ、ルノー移籍の噂が浮上

2016年9月30日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグにルノー移籍の噂が浮上している。

ルノーは2017年のドライバーラインナップを決定しておらず、様々なドライバーが候補に挙げられている。

フォース・インディアでニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトを務めるセルジオ・ペレスもそのひとり。ペレスは2017年の契約締結の最終期限を来週に設定している。

【動画】 ニコ・ヒュルケンベルグ、スタート直後にクラッシュリタイア

2016年9月18日
ニコ・ヒュルケンベルグ
ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)は、F1シンガポールGPの決勝レースをスタート直後のクラッシュによりリタイアした。

これまでセーフティカー導入率100%のF1シンガポールGP。2016年はスタート直後に波乱があった。

8番グリッドからスタートしたニコ・ヒュルケンベルグは、トロ・ロッソ勢に挟まれるカタチとなり、カルロス・サインツと接触。ホームストレートのウォールにクラッシュした。

ニコ・ヒュルケンベルグ、F1ベルギーGPでハローをテスト

2016年8月25日
ニコ・ヒュルケンベルグ ハロー
フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは、F1ベルギーGPのフリー走行1回目にハローをテストする。

F1ベルギーGPでは、メルセデスのニコ・ロズベルグがフリー走行1回目のインスタレーションラップでハローを走らせることがすでに報じられている。

FIAは特にスパ・フランコルシャンの高低差のあるオー・ルージュにおけるハローの可視性についてフィードバックを聞くことを望んでいるという。

ニコ・ヒュルケンベルグ:2016 F1ベルギーGP プレビュー

2016年8月23日
ニコ・ヒュルケンベルグ F1 2016 ベルギー
ニコ・ヒュルケンベルグが、F1ベルギーGPへの意気込みを語った。

ニコ・ヒュルケンベルグ (フォース・インディア)
「1ヵ月レースがなかったので、アクションに戻れるのが嬉しい。休暇は楽しかった。友人との時間を過ごして、仕事のことは忘れて、バッテーリーを充電する。でも、F1カーのスリルに勝るものはない。なので、戻れるのが本当に嬉しいし、レースに復帰するのにベルギーよりも良い場所は思いつかない」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム