角田裕毅 「アップグレードで中高速コーナーでの弱点克服に期待」 / スクーデリア・アルファタウリ F1フランスGP プレビュー
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第12戦フランスグランプリへの意気込みを語った。

過去5戦をノーポイントで終えている角田裕毅。スクーデリア・アルファタウリはF1フランスグランプリでようやくアップグレードを投入。弱点を克服し、ミッドフィールドのトップを戦えるようになることを期待している。

「オーストリアはこれまでのシーズンで最も困難なレースウィークエンドの1つであり、おそらくスプリントフォーマットはそれをさらに悪化させました。それは誰にとっても同じだとは分かっていますが、レース前にロングランの作業をする時間があまりありませんでした」と角田裕毅はコメント。

「予選のパフォーマンスレベルは問題ありませんでしたが、スプリントではペースがありませんでした。ポジティブな面としては、レースへのアプローチと集中力に満足していますし、トラックリミットのミスを回避できたので、それは僕にとって良い一歩でした」

「ポール・リカールは、ユーロ・フォーミュラ、F3で数回レースをしています。昨年のクランプリは、予選でミスを犯してピットレーンからスタートしなければならなかったため、僕にとってかなり困難でした」

「中速のコーナーでうまく機能するセットアップが必要なトラックです。高速のストレートとシーニュ(Signes)コーナーがあるだけでなく、セクター1とセクター3の終わりに低速と中速のターンがあるため、かなりトリッキーです」

「通常、これは僕たちの車のいくつかの弱点を浮き彫りにしますが、フランスでアップデートがあるので、それがもう当てはまらないことを願っています。日曜日にポイントを獲得しやすくするためにQ3に戻る時が来ました。たくさんの小さなアップグレードではなく、メジャーなアップグレードを入ります」

「中高速コーナーではかなり弱かったので、新しいアップグレードは車にもっと負荷を加えることに焦点を合わせています。それが僕たちにもっと一貫性をもたらし、再びミッドフィールドのトップで戦うことを可能にすることを願っています」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 フランスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1フランスGP / アルファタウリ