角田裕毅、F1日本GPで使用するヘルメットデザインコンテストを開催
レッドブルは、角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が2022年のF1日本グランプリで使用するヘルメットのデザインを募集する。

レッドブルは、日本GP特別企画『#待ってたぞ鈴鹿』を実施。第1弾として、F1日本グランプリで角田裕毅が使用するヘルメットのデザインを募集。自由な発想が最大のコツ。頭の中で思い浮かべたイメージをどんどん送ろう!

【A賞】1名様
お送りして頂いたイラストを角田裕毅の「ヘルメットのデザイン」として採用。デザインが施されたヘルメットを本人が実際にF1 日本グランプリにて着用し鈴鹿サーキットでレースを繰り広げる。

【B賞】30名様
惜しくも本キャンペーンにて当選を逃してしまった応募者の中から、抽選により「#待ってたぞ鈴鹿 限定キット」をプレゼント。

【応募期間】
2022年7月20日(水)~2022年8月14日(日)23時59分

【応募方法】
※デザインテンプレートのダウンロード及び応募は7/20(水)開始予定。
応募ページより、ヘルメットのデザインテンプレートをダウンロード。(※7/20~ ダウンロード可能)
② テンプレート内に自由にデザイン。(下画像 “ヘルメットデザイン領域”参照)
③ ②で作成したデザインを、PDFフォーマットで応募ページにアップロードし、応募フォームに必要事項を記入して応募。(※7/20~ 応募可能)
④ お一人につき、何度でも応募可能。

デザインが採用された応募者には、キャンペーン事務局から登録したメールアドレスへ2022年8月末頃を目途に連絡。

※事務局は当選者のメールアドレスに対し、賞品配送フォームのリンクをお送りいたします。
※当選連絡後、指定期間内にフォームにご入力いただけない場合、当選資格を放棄したものとし、当選が無効となりますのでご注意ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1日本GP / アルファタウリ