角田裕毅、得意のシルバーストンも「現在のパッケージでは難しいレースになる」 / スクーデリア・アルファタウリ F1イギリスGP プレビュー
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅が、2022年F1第10戦イギリスグランプリについての意気込みを語った。

前戦カナダでは、エンジン交換ペナルティによって最後尾からレースをスタートし、トップ10入りを目指すも、レース中盤に単独クラッシュを喫してリタイアを喫した角田裕毅。

ペースとパフォーマンスには満足できていたと語る角田裕毅は、シルバーストンは得意とするサーキットではあるものの、現在のパッケージを考えると難しいレースになるだろうと語った。

「前回のラウンドを振り返ると、カナダへの初訪問を楽しみました。カナダとモントリオールの街で見たものが好きになりました」と角田裕毅はカナダについて振り返った。

「でも、コース上では、また非常に困難な週末になりました。ペースはそこにあり、パフォーマンスには非常に満足していました。アゼルバイジャンでの前回のグランプリよりも良いと感じてしましが、もちろん、エンジンペナルティを受けるなければなりませんでした。したがって、その埋め合わせで難しいレースになることは分かっていました。残念ながらバリアで終わるまでは順調でしたので、とてもがっかりしましたが、仕方ないことですし、また別の学習体験と見なさなければなりません。さらに、今は運転したことのなかったモントリオールのトラックを知っています」

「先週はとても忙しかったです。最初はファエンツァでの体力トレーニングに集中しました。とても忙しいスケジュールのなかでは非常に重要なことです。それから日曜日にサンマリノに向かい、レッドブル・ソープボックス・レースに出場しました。これまでそのようなことをやったたことはありませんでした。とても楽しかったし、さまざまなエントリーをすべてジャッジすることができたのは本当に楽しかったです。チームは僕のヘルメットのようなソープボックスデザインでした!」

「優勝トロフィーを配った後、シミュレーターのために英国に向かい、そこでシルバーストーンとレッドブル・リンクに集中しました。 2019年にF3で初めてレースをしたので、シルバーストンはよく知っています。レース1でポイントを獲得しました。翌年、F2で2週間に4回のレースがあり、最初のフィーチャーレースで3位になり、2回目のスプリントレースで優勝しました。そ去年は10位でポイントを獲得しましたが、とても大勢の人で賑わっていたのを覚えています。得意なトラックだと感じています」

「これらの新しい車でこの高速で昔ながらのトラックを運転するのを楽しみにしています。スピードに関しては、新車は昨年より少し遅くなりますが、過去に見たものと同様のラップタイムを生み出しています」

「アゼルバイジャンで見たものに基づくと、今年のシルバーストンでは、過去よりもオーバーテイクが少し簡単かもしれません。いつものように、土曜日にQ3に到達してポイントを獲得することを目指しています。現在のパッケージでは難しいレースになると思いますが、フリープラクティスでスムーズな時間を過ごすことができれば助けになると思います」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ F1 イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / F1イギリスGP / アルファタウリ