角田裕毅 「F1初表彰台を獲得するというプレッシャーがミスを生んだ」
角田裕毅は、F1初表彰台を獲得するというプレッシャーによってF1ルーキーシーズン中にミスを犯していたと語る。

F1の歴史の中で、日本人ドライバーで表彰台を獲得したのは、鈴木亜久里、小林可夢偉、佐藤琢磨の3人だけであり、キャリアの早い段階で角田裕毅には自分が4人目になるというプレッシャーがあるようだ。

しかし、角田裕毅のF1ルーキーシーズンの始まりは、パフォーマンスよりも無線での暴言でより知られるようになり、いくつかの注目すべきミスを犯した。角田裕毅は2年目となる今、表彰台を獲得したいという思いから、本来よりも強くプッシュしていたことを認める。

日本人初のF1での優勝を目指しているかと質問された角田裕毅は「現時点ではわかりません」と答えた。

「僕は今の状況に本当に集中していて、主に車を開発しています」

「同時に、できるだけ多くのポイントを獲得しようとしています。もちろん、表彰台を獲得できる機会があれば、その機会を最大限に生かしていきたいと思います。もちろん、表彰台を獲得するのは良いことですが、現在、僕はそういったことに焦点を当てていません」

「去年のシーズン前半は表彰台を獲得しようとしていましたが、期待が高すぎて突然多くのミスを犯し、いつもコーナーをプッシュしぎていました」

「現在はそういったことは考えないようにしています。今の状況を本当に楽しんでおり、チームとして働き、可能な限りポイントを獲得しようとしています。でも、もちろん、私が優勝したり表彰台を獲得できれば、それは素晴らしいことです。」

角田裕毅がF1ルーキーシーズンを正直に振り返ったのはこれが初めてではない。今月初め、角田裕毅は2021年に自分が何をしていたのか分からなかったことを認めている。

「昨年と比較して、はるかにコントロールができていると思います」と角田裕毅は今シーズンとルーキーイヤーを比較した。

「同時に、昨年は完全にコントロールできていませんでした。自分が何をしているのか分かりませんでしたし、すべてのラップで限界までプッシュしていました。それが物事が起こる方法です」

「でも、実際には、それは自分を改善させたので、それはドライバーとして本当に良い学習でした」

「その後、僕は悪いループに陥りましたが、それはドライバーとして良い学習でした。次のステップに進むことができましたし、それが今日はポイントを獲得できている理由です。昨年と比べると、特にレースペースにおいては大きな一歩を果たしていると思います」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ