角田裕毅 「F1マイアミGPでのペース不足の原因は理解できていない」
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1マイアミGPでペースが欠如していた理由を理解できていないと嘆く。

アルファタウリは、ピエール・ガスリーが7番グリッド、角田裕毅が9番グリッドからレースをスタートし、ポイントを獲得するための正当な希望があった。

しかし、結局はそうはならなかった。ピエール・ガスリーはランド・ノリスとの衝突によって引退し、角田裕毅は12位でフィニッシュした。

角田裕毅は、スタートですぐにいくつかのポジションを失ったが10位へと返り咲いた。6周目にミック・シューマッハとのバトルに敗れた。その後、車が損傷した可能性があることが疑われた。

しかし、角田裕毅はそれがペース不足の原因だったとは思っていないと語る。

「分からないですけどね。スタートから文字通りペースもグリップもなかったし、ペースを維持するのに本当に苦労しました」と角田裕毅はコメント。

「イモラとは正反対でした。オーストラリアに似ていると言えます」

オーストラリアGPでも角田裕毅は15位でフィニッシュしてノーポイントに終わっている。

「2周目からタイヤが劣化し、ペースを維持するのに苦労しました。その理由を分析する必要がありますが、どっちのスティンでもペースがまったくありませんでした」

角田裕毅は、その理由が何である、もしくはミディアムタイヤに原因があるかどうかは分かっていないと語る。

「本当に分かりません。僕がオーストラリアで抱えていた問題に似ています。様子を見てみなければなりませんが、文字通りペースがありませんでした」

角田裕毅がミディアムからハードに交換し、最終的にはソフトコンパウンドに交換したが、どのタイヤでも良くはならなかった。

「あまり良くはなりませんでした。少し安定していましたし、最後の15周はフィーリングが良くなりましたが、最初のスティントが遅すぎました。ペースを維持するのが難しかったです」

角田裕毅 スクーデリア・アルファタウリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / アルファタウリ / F1マイアミGP