アルファタウリF1の角田裕毅 「2022年シーズンは本当に重要な年になる」
アルファタウリF1の角田裕毅は、2022年にどこを改善する必要があるかを分かっており、いかに重要なシーズンであるかを認める。

角田裕毅は、ルーキーイヤーの前半戦が自分にとってどれほど厳しいものであったかを考えれば、アルファタウリF1が2度目のチャンスを与えてくれたことに“驚いた”と認めている。初年度はチームメイトのピエール・ガスリーに大きなパフォーマンス差をつけられた。

角田裕毅は、シーズンが進むにつれて運命を改善するためにいくつかのライフスタイルの変更を経験した。イングランドからイタリアに転居し、チームのファエンツァのファクトリーの近くに引っ越した。シーズン序盤は“怠惰なろくでなし”だったと語る角田裕毅は、オフシーズン中は禁酒して、プレシーズンはフィットネス強化に取り組むと宣言している。

ルーキーイヤーに多くの初めてのトラックをドライブし、F1カレンダーをフルに戦った経験を積んだ今、角田裕毅は、2022年は安定してピエール・ガスリーと戦うことができる“材料”が揃っていると語る。

「2022年は私にとって本当に重要な年になるでしょう」と角田裕毅はGPFansに語った。

「チームのマシンのペースがどうなるかは分かりませんが、パフォーマンスを上げる必要があります。もちろん、チームメイトを倒す必要があり、より一貫したレースが必要です」

「しかし今、僕は自分が改善しなければならないことの詳細を知っています。これを改善すれば、彼を倒したり、チームメイトを倒したり、一貫したレースができると思っています」

「前進するためには、そういった全てのこと、すべての材料があると思っています。そういう意味では、本当にいい準備の年だったと思います」

2022年のF1レギュレーションによって、F1マシンは完全に新しいものとなり、ドライバーにとってもクリーンな状態を提供する。2021年のコンストラクターズチャンピオンシップで6位で終えたアルファタウリF1は、良いフォームを維持したいと考えている。

角田裕毅は、アルファタウリF1の前進を支援するために常にトップ10に入る必要があることを認める。2021年、ピエール・ガスリーは角田裕毅の3倍以上のポイントを獲得している。

「良いマシンならば、一貫してポイントを獲得して、良い結果を出したいという意欲があります」と角田裕毅は語った。

「悪い状況であっても、悪いマシンだったり、ペースが悪い場合でも、まだマシンを開発することができます。そして、僕は自分自身のためにマシンをより速く開発する方法を知っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ