アルファタウリF1の角田裕毅がルーキーシーズンに学んだ2つの最大の教訓
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、ルーキーシーズンとなった2021年のF1世界選手権で学んだ重要な教訓を明らかにした。

7年ぶりの日本人F1ドライバーとしてデビューを果たした角田裕毅は、2021年シーズンを通して浮き沈みを経験した。開幕戦F1バーレーンGPで9位入賞を果たした角田だが、その後、一連のクラッシュとノーポイントフィニッシュが続いた。

コース外でも論争を巻き起こした。F1スペインGPの予選16位で予選を通過した角田裕毅は、12位で終えたアルファタウリ・ホンダF1のチームメイトであるピエール・ガスリーと異なるマシンを与えられる諭旨の発言をして、後に謝罪した。

不安定なフォームを受けて、レッドブルF1は、角田裕毅を英国からイギリスに転居させ、チーム代表のフランツ・トストに再教育を託した。結果として、角田裕毅はシーズン後半に調子を取り戻し、転居は報われた。

角田裕毅は、週末のレースに臨む際の自信の重要性を知ったと感じており、また、いくつかの重要なオフトラックの問題にも気づいたと認める。

ルーキーイヤーの最大の教訓について質問された角田裕毅は「ドライビングに関して、自信を持つことだと言えます」と角田裕毅はRacingNews365.comに語った。

「どのようにアプローチするか、どのように進歩するかなど、レースウィークに関連する自信ですね。たくさんのこと、特にそれらの部分を学びました」

「ソーシャルメディアのことも学びました! もちろん、僕が学んだことはたくさんあったと思いますが、それら2つが、今年僕が学んだ最大のトピックでした。」

波乱に満ちた2021年に続き、角田裕毅は冬休み中に日本に帰国する予定となっている。シーズン開幕前から初めての帰国となる。

「久しぶりです。日本食と友達がとても恋しいです」

「帰国は嬉しいですが、日本では先月よりも新型コロナウイルスの制限が少し厳しくなっているので、多くの検疫があるかもしれません」

「簡単なことではありませんが、それでも楽しみです。できるだけ休んで、来年もフレッシュなフィーリングで再開する必要があります」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ