アルファタウリF1代表、角田裕毅の「残留できて驚いた」発言を擁護
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年にF1シートを維持できたことに「驚いた」と語って批判を受けた角田裕毅を擁護した。

F1のベテランでコメンテーターを務めるデビッド・クルサードは、角田裕毅の「残留出来て驚いた」という弱気なコメントを聞いて「彼はどの惑星から来たのか?」と失望を口にした。

「それはレーサーの言葉ではない。彼はバッグに荷物を詰めて家に帰るべきだと思う」

しかし、角田裕毅のチームボスであるフランツ・トストは、デビッド・クルサードが角田裕毅の驚きの理由を誤って解釈したと考えている。

「それが非常に早くに決定されたので、彼は驚いた。私は彼にそれを説明した」とフランツ・トストは Sport1 に語った。

「若いドライバーにチャンスを与えて、再び彼を捨てるのでは意味がない。彼には可能性があり、学んでいる。だから、我々が彼と一緒に続けないという疑問は決してなかった」」とフランツ・トストは語った。

また、フランツ・トストは、角田裕毅は「非常に自己批判的」であり、それは「良いこと」であると説明した。

「それが示しているのは、特に若いドライバーにとって、F1が困難で複雑になっていることだ。角田は順調にスタートした。良すぎたくらいだ」
とフランツ・トストは語る。

「彼は、すべての若いドライバーに起こる、いわゆる“クラッシュ期間”に入った。その間に、彼は限界がどこにあるかを学んだ」

「将来、彼は非常に良い結果で我々を驚かせると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ