角田裕毅、“今シーズン最悪の週末”から“F1ベストリザルト”を獲得 / F1ハンガリーGP 決勝
角田裕毅は、F1ハンガリーGPで“今シーズン最悪の週末”をF1史上最高の結果に変えた。アルファタウリ・ホンダF1での1年目に厳しい状況に耐えてきたが、少なくとも過去6レースのうち4レースでポイントを獲得している。

F1ハンガリーGPではFP1で再び不必要なクラッシュを喫し、予選ではチームメイトのピーエル・ガスリーから1秒以上の差がついてQ1敗退という低パフォーマンスで16番グリッドからのスタートとなった。

しかし、レース直前の雨によって濡れたサーキットでスタートした1コーナーのような混乱では、常に勝者と敗者は常に存在するものであり、インサイドですべての接触を避けた角田裕毅は勝者となった。7位でフィニッシュした角田裕毅は、セバスチャン・ベッテルの失格が決定した場合、F1ベストリザルトとなる6位に分類される。

「僕にとって、レースまでは今年最悪のレースウィークでした」と角田裕毅はレース後に記者団に語った。

「何が問題だったのかを本当に分析し、懸命に取り組み、スパに戻ってくる必要があります」

しかし、角田裕毅は、レーススタート時のトラブルを回避したことで、十分な安心感を得ることができた。

「1周目のターン1で大きな衝突があり、5番手にジャンプアップすることがができました」と角田裕毅は振り返る。

「その後のペースはOKでした。週末を通して、クルマのバランスに苦労しましたし、レース中、特に途中から終盤までかなり苦労した。僕たちは本当にこの問題を解決しなければなりません」

「ですが、最後に僕たちはP6とP7((ベッテルの失格前)を獲得しました。16番手からのスタートなので、満足するべきです。普通のレースならポイント獲得できたかかどうか分かりません」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1ハンガリーGP / アルファタウリ