角田裕毅 F1アゼルバイジャンGP レース後インタビュー 「すべてがステップアップできた」
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1アゼルバイジャンGPのレース週末を振り返った。

F1アゼルバイジャンGPでは予選で自身初のQ3進出を果たし、決勝では自己最高位となる7位でフィニッシュ。これまでの反省を活かして着実に進歩を遂げた週末となった。

レースウイークを振り返って
全体的に今までのレースに比べて、準備やレースペース、エンジニアとのコミュニケーション、すべてがステップアップできた週末じゃないかなと思うます。

キャリア初のサーキット。そしてストリートコース
先週、イタリアのチームの拠点に移って、毎日チームと準備を重ねて、ペースが今のところなぜ足りないかとか、クルマがどこが足りないかというのを、話し合ったおかげもあり、FP1で少し流れはよくなかったのですが、いいビルドアップができて、予選までにまとめ上げることができ、レースではいいペースを築けたので、今までより全体的にいいレースができたと思います。

予選ではクラッシュもありましたが、今日は波乱の中での完走。難しさは?
難しさはそこまでなかったのですが、モナコに比べて、ストリートサーキットでも、そこまでタイトではないので、どちらかというと、タイヤマネージメントという意味ではモナコよりも厳しくて、最後までタイヤを持たせなければならなかったので、そこは少し難しさがありました。さらに、レッドフラッグ後のリスタートで2ポジション落としてしまったので、まだ自分の課題はあると思います。そういった難しさを感じて、新たな反省だなと思います。

チームメイトのガスリー選手が表彰台。刺激になっている?
そうですね。ガスリー選手が3位になって、チームの全体的な雰囲気もよくなりましたし、いつもいい刺激をもらっていて、すごくいいライバルだなと思います。今は負けていても、準備を進めて、いずれ勝てるように。正直、悔しいのほうが大きいですね。もちろん、自分が最後数ポジション下げてしまったこともありますが、チームメイトが表彰台を獲って、自分が取れていないというのは悔しい思いがあるので、これを糧にさらにコミニュケーションを深めていきたいなと思います。

次はフランス、オーストリアと、経験のあるサーキット
フランス、オーストリアは、モナコ、アゼルバイジャンと比べて、走ったことのあるコースなので、ある程度コースとしては知っていて、もう少し簡単なアプローチができるかなと思います。その分、アゼルバイジャンとモナコに比べてのアドバンテージを活かして、できるだけ準備を重ねて、さらにいい順位で終えられるように頑張りたいなと思います。

日本のファンの皆さんへ
いつも日本時間では少し夜が遅いと思いますが、応援していただいて本当にありがとうございます。ソーシャルメディアのメッセージやいろんなコメントで見るので、すごくパワーにつながっていて、いつもレースは凄い長いですけど、その分のエネルギーをもらって最後まで集中できてめげずに頑張れています。本当に皆さんの応援がパワーとなっています。これからも頑張って、今後は自分が表彰台を獲れるように一歩ずつ進んでいくので、ぜひ応援よろしくお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / F1アゼルバイジャンGP / アルファタウリ