【動画】 角田裕毅、2021年カラーのアルファタウリ旧型F1マシンでテスト
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、2月23日(火)にイモラ・サーキットで2021年のカラーリングが施された2019年F1マシン「トロロッソ STR14」でテストを実施した。

アルファタウリ・ホンダF1は、ルーキーの角田裕毅にできるだけ多くの走行機会を与えており、昨年のイモラでの初走行、ヤングドライバーテスト、今年に入ってからもイモラとミサノで4日間のテストをしている。

アルファタウリ・ホンダF1は、2月19日(金)に2021年F1マシン『AT02』を発表。新車のシェイクダウンはまだ先だが、チームはイモラに移動してプライベートテストを開始した。

角田裕毅は、2021年のカラーリングが施されたSTR14でテストを実施。テストは3日間にわたって行われ、チームメイトのピエール・ガスリーも走行を行う。

「彼は最初のグランプリに到達したときに準備が整っていると思う。2月23~25日にイモラでさらに3日間のテスト開催する。しかし、ピエール(ガスリー)にもチャンスを与えるために、祐樹とピエールとで分割することになる」とアルファタウリ・ホンダF1のチームマネージャーを務めるグラハム・ワトソンは語る。

「彼は本当に成長しており、アブダビ以来、彼に大きな変化を見てきた。アブダビで彼は良い仕事をしたが、マシンに戻るたびに、彼はますます成熟し、理解が深まっている。ご想像のとおり、彼はまだ20歳の若い男だ。実際、彼は我々のために非常に良い仕事をしてくれた。そして、バーレーンでのテストに参加したとき、彼はおそらく多くのシーズンで最大のマイレージを稼いだルーキーになるだろう」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / ホンダF1 / アルファタウリ