角田裕毅 インタビュー(3):「F2への参戦は人生で最大の挑戦だった」 / 日本人F1ドライバー誕生への道のり
角田裕毅は、今年のFIA-F2は人生で最大の挑戦だったと語る。

2018年のFIA-F3をランキング9位で終えた角田裕毅は、2019年にFIA-F2にサプライズともいえるステップアップを果たす。英国を拠点とするカーリンで同じレッドブルのジュニアドライバーであるジョハン・ダルバラとチームを組んだ。

角田裕毅には、FIA-F3でもう1年の経験が必要なのではないかという見方もあったが、それがいかに間違っていたかを証明することになる。

角田裕毅をFIA-F2にステップアップさせるという決定の背景には、同シリーズが18インチタイヤに切り替えることがあった。これにより、フィールドは平準化され、ルーキーが経験豊富なドライバーと同等になることが期待されていた。それは見逃すことのない機会だと考えられ、そして、裏付けられた。

「F2は僕の人生で最大の挑戦でした」と角田裕毅は笑顔で語る。

「でも、F3シーズンの初めよりも強くフィーリングを持ってシーズンに入ることができました。ペースも良く、チームも良かったですね」

シーズンに先立ち、20歳のち角田裕毅はイギリスのミルトンキーンズに引っ越した。ミルトンキーズンにはレッドブルのファクトリーがあり、サリーを拠点とするカーリンまで車で行ける距離にあった。それは、スイスから英国への移住はまた別のカルチャーショックだったと角田裕毅は語る

「日本からここに来るのは簡単ではありませんでした」と角田裕毅は続ける。

「最初にここに引っ越したときは食べ物に苦労しました。僕にとって日本食は本当に美味しいです。ヨーロッパに来たとき、それは同じではありませんでした。日本食が恋しいです」

「フィッシュ・アンド・チップスが好きですし、サツマイモのウェッジも好きですが、イギリス料理の大ファンではありません。ハモンや生ハムのようなイタリア料理とスペイン料理が大好きですが、僕にとっては日本食が一番です。ソーシャルメディアではいつもラーメンやお寿司の写真を見ていて、食べられないことに少しイライラしています」

「今シーズンの目標を達成したら、本当に美味しいお寿司を食べたいと思っています。それが僕のお祝いの方法です。お祝いのときの寿司の味は違います。まあまあシーズンを過ごして寿司を食べると、普通の味がします。良いニュースを聞いて寿司を食べると、同じお寿司でも味が違います。本当に美味しいお寿司と本物のラーメンを食べられるように頑張るつもりです」

だが、本当のターゲットは寿司を食べることではない。角田裕毅は今季F1スーパーライセンスを取得できれば、2021年にアルファタウリ・ホンダでF1デビューするチャンスが与えられることになる。

「ヘルムート(マルコ/レッドブル モータースポーツアドバイザー)から、今シーズンはうまくやらなければならない、スーパーライセンスを取得するために5位になる必要があると伝えられています」と角田裕毅は説明。

「彼は僕が5位ならば、F1でドライブする資格があると言っています。ですが、そうでなければ、再び日本でドライブする必要があるでしゅう」

「厳しいですが、彼に同意しています。ジョージ・ラッセル、ランド・ノリス、シャルル・ルクレールのような優れたドライバーであれば、F2で1年しか必要ないと思います。彼らには2~3年は必要ありませんでした」

現在、角田裕毅はFIA-F2で2勝、3回の表彰台を獲得してランキング3位につけている。それはF2への予想外のステップアップの性質を考えれば、注目に値する結果だ。

角田裕毅は、マックス・フェルスタッペンと同じようにモータースポーツ界でアイドルはいなかったが、その代わりに競争相手から少しずつ学んでいったと語る。F2の卒業生であるラッセル、ノリス、ルクレールの名前は、アントワーン・ユベールと同様に、ほぼ1時間のインタビューのなかで何度も登場した。

「彼は僕をより良いドライバーにしてくれました」と角田裕毅はアントワーヌ・ユベールについて語った。

「すべてのレースで大きなパフォーマンスを発揮する必要があります。それはプレッシャーですが、良いメンタリティでもあります。今年はそれほど悪くはありませんでしたが、今後どうなるか見ていきたいです。僕の夢はF1のワールドチャンピオンになることです。F2で苦労しているようでは、それは実際には難しいでしょう」

「ご存知のように、日本のファンは日本人ドライバーがF1に参戦するのを待っています。それはソーシャルメディアから見ることができます。日本からのプレッシャーがありますが、それは悪いプレッシャーではなく、良いプレッシャーです。彼らは日本人F1ドライバーを待っています。そして、僕はそれを達成するために最も近い一人です。彼らのために実現したいと思っています」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / 角田裕毅 / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ