角田裕毅の2022年12月のF1情報を一覧表示します。

【動画】 F1ドライバーの角田裕毅とMotoGPライダーの中上貴晶が対談

2022年12月30日
【動画】 F1ドライバーの角田裕毅とMotoGPライダーの中上貴晶が対談
F1に参戦する角田裕毅(Scuderia AlphaTauri)とMotoGPに参戦する中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)の対談がHonda Racing THANKS DAY 2022の舞台裏で実現。四輪レースと二輪レースの最高峰で闘う両選手ならではの話を語った。

角田裕毅と中上貴晶は昨年のMotoGPサンマリノGP前にレッドブルの企画で初対面を果たしている。

【動画】 角田裕毅&ガスリー、チームメイトとして最後のクリスマス対決

2022年12月24日
【動画】 角田裕毅&ガスリー、チームメイトとして最後のクリスマス対決 / アルファタウリF1
角田裕毅とピエール・ガアリーは、アルファタウリF1での2シーズンを過ごした後、チームメイトとして別れを告げる前に最後のクリスマス対決を行った。

ピエール・ガスリーは、2023年からアルピーヌF1チームへと移籍。角田裕毅はスクーデリア・アルファタウリでF1で3年目を迎えて、新たなチームメイトとしてニック・デ・フリースを迎える。

F1、角田裕毅の一件でブラック&オレンジ旗に「過剰反応」

2022年12月17日
F1、角田裕毅の一件でブラック&オレンジ旗に「過剰反応」
FIAのシングルシーター技術問題の責任者であるニコラス・トンバジスは、2022年シーズン中にレースコントロールがブラック&オレンジ旗を使用方法に「過剰反応」があったことを認めた。

ブラック&オレンジ旗は、レースを安全に続行するためにマシンがピットレーンで修理が必要な損傷を受けた場合に提示される。ドライバーは、チーム自体が不要と判断した場合でも、その作業を実行するために停止する必要がある。

角田裕毅、2022年F1シーズンもスタッツではピエール・ガスリーに完敗

2022年12月15日
角田裕毅、2022年F1シーズンもスタッツではピエール・ガスリーに完敗
アルファタウリF1の角田裕毅は、2年目のF1シーズンでもスタッツに関して言えば、ピエール・ガスリーに完敗だった。

アルファタウリF1の新世代F1マシン『AT03』を競争力が不十分だった。チーム代表のフランツ・トストは、チームが「2歩遅れている」と表現したシーズンで、奇妙なリタイアやドライバーのクラッシュで成績はさらに悪化した。

F1:相模原市、角田裕毅を「相模原市ホームタウンアスリート」に認定

2022年12月14日
F1:相模原市、角田裕毅を「相模原市ホームタウンアスリート」に認定
相模原市は、同市緑区出身のF1ドライバーである角田裕毅を「相模原市ホームタウンアスリート」に認定。12月29日(木)に相模原市役所で認定式を実施する。

相模原市では、これまでも本市に活動の拠点を置き、広く市内外での活躍が期待できるスポーツ団体を相模原市ホームタウンチームとして認定し、チームからは市の事業等へご協力を頂き、市からは広報の支援などを行ってきた。

角田裕毅 「常にポイント争いができる成熟したドライバーを目指す」

2022年12月12日
アルファタウリF1の角田裕毅 「常にポイント争いができる成熟したドライバーを目指す」
スクーデリア・アルファタウリの角田裕毅が、『2023年Hondaモータースポーツ活動計画』にメッセージを寄せた。

2023年のF1世界選手権でF1、そして、スクーデリア・アルファタウリで3年目を迎える角田裕毅。チームには新たなチームメイトとしてニック・デ・フリースが加入する。

角田裕毅 「ニック・デ・フリースと僕の速い方がチームリーダー」

2022年12月7日
アルファタウリF1の角田裕毅 「ニック・デ・フリースと僕の速い方がチームリーダー」
角田裕毅は、2023年のアルファタウリF1のチームリーダーの役割は、ニック・デ・フリースと自分のどちらか速い方に与えられると考えている。

ピエール・ガスリーの隣で仕事のコツを学んだ角田裕毅は、2023年にアルファタウリで3年目のF1シーズンを迎えようとしている。

ピエール・ガスリー 「角田裕毅との関係は他のF1チームでは見られない」

2022年12月5日
ピエール・ガスリー 「角田裕毅との関係は他のF1チームでは見られない」
ピエール・ガスリーは、2023年にアルピーヌF1チームに移籍し、新たにエステバン・オコンをチームメイトをアルピーヌに迎える。新しいマシンで臨む今後のシーズンを楽しみにしているが、ガスリーはアルファタウリのチームメイトである角田裕毅がいないことを寂しく思うだろうと認める。

ピエール・ガスリーと角田裕毅は、チームで一緒に過ごした2年間、コース外でも友好的な関係を築いており、2人はお互いのソーシャルメディアの投稿で頻繁に取り上げられている。

ダニエル・リカルド 「F1を休みたいので角田裕毅のことは放っておいてね」

2022年12月2日
ダニエル・リカルド 「F1を休みたいので角田裕毅のことは放っておいてね」
ダニエル・リカルドは、2023年のレッドブルF1のサードドライバーとしてサイン。来年、彼の母国でのレースを望む評論家に“本当”に休暇を望んでいるので「角田裕毅のことは放っておいて」と語った。

契約満了の1年前にマクラーレンから放出されたダニエル・リカルドは、2023年にマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのラインナップを継続するレッドブル・レーシングでサードドライバーを務める。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム