ピエール・ガスリー 「角田裕毅との関係は他のF1チームでは見られない」
ピエール・ガスリーは、2023年にアルピーヌF1チームに移籍し、新たにエステバン・オコンをチームメイトをアルピーヌに迎える。新しいマシンで臨む今後のシーズンを楽しみにしているが、ガスリーはアルファタウリのチームメイトである角田裕毅がいないことを寂しく思うだろうと認める。

ピエール・ガスリーと角田裕毅は、チームで一緒に過ごした2年間、コース外でも友好的な関係を築いており、2人はお互いのソーシャルメディアの投稿で頻繁に取り上げられている。

二人は、ファンに人気があることが証明されたいくつかのカラオケセッションを含む、アルファタウリのビデオに記録されたさまざまな活動にも参加している。

ピエール・ガスリーは、角田裕毅との関係はチームメイトとして非常にユニークなものだったと考えている。

「もちろん、ユキがいなくて寂しいよ」とピエール・ガスリーはシーズン最終戦F1アブダビGPの後にメディアに語った。

「チームメイトとしての関係は、多くのチームでは見られないものだと思うし、とても貴重だった」

「でも、それはスポーツの一部でもあり、キャリアは前進するものだ。彼がいないのが寂しいのは確かだし、彼の幸運を祈っている」

ピエール・ガスリーはアルファタウリで角田裕毅と一緒に仕事をすることはできないが、エステバン・オコンと組むアルパインでのキャリアの次の章を楽しみにしている。

二人は過去に激動の関係にあったが、両者は一緒に仕事をすることに問題はないと主張している。

ピエール・ガスリーは、アルピーヌが 2022 年のコンストラクターズ チャンピオンシップで 4 位に終わったことで、今後の展開に興奮している。

「アルピーヌのパッケージは非常に競争力があるように見えるので、非常に興奮している」とピエール・ガスリーは語った。

「いくつかのトラックでは、彼らは実際にはかなり接近していた。ブラジルでは、(フェルナンド・)アロンソが最後のスティントでトップ5を争っていた」

「彼らはいくつかの場面で非常に速いペースを示してきた。彼らが一歩前進できれば、さらに良いものになるので、マシンに飛び乗って来年に向けて作業を開始し、来年の車に行われるすべての開発について聞くことに非常に興奮している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ / 角田裕毅