角田裕毅の2022年10月のF1情報を一覧表示します。

角田裕毅、もらい事故でのリタイアに激怒 「馬鹿げたミス。非常に迷惑」

2022年10月31日
角田裕毅、もらい事故でのリタイアに激怒 「馬鹿げたミス。非常に迷惑」 / F1メキシコGP 決勝
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1メキシコGPの決勝をリタイアで終えた。

13番グリッドからスタートしたソフトタイヤでスタートした角田裕毅は、29周目にミディアムタイヤに交換。11番手を走行していた。しかし、50周目のターン6で後ろからダニエル・リカルドがあまりに楽観的にインサイドに飛び込んで接触。角田裕毅の右リアタイヤがリカルドの左フロントタイヤに上げ、マシンはジャンプして着地した。

【動画】 角田裕毅にダニエル・リカルドが突っ込む / F1メキシコGP

2022年10月31日
【動画】 角田裕毅にダニエル・リカルドが突っ込む / F1メキシコGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、F1メキシコGPの決勝でダニエル・リカルド(マクラーレン)に衝突されてマシンにダメージを負ったことが原因でレースをリタイアした。

角田裕毅は、11番手を走行していた51周目にターン6でインサイドを楽観的に突いてきたダニエル・リカルドに接触された。リカルドの左フロントタイヤに右リアタイヤが乗り上げて車はジャンプして着地した。

角田裕毅、ダニエル・リカルドに接触されてリタイア / F1メキシコGP

2022年10月31日
角田裕毅、ダニエル・リカルドに接触されてリタイア / F1メキシコGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1メキシコGPの決勝でダニエル・リカルド(マクラーレン)に衝突されてマシンを壊されてリタイアに終わった。

11位を走行していた51周目にターン6でインサイドを楽観的についてきたダニエル・リカルドに接触され、リカルドの左フロントタイヤに右リアタイヤが乗り上げてジャンプして着地。ピットに戻ったが、サイドポッドを大きく損傷してそのままリタイアとなった。

角田裕毅 「トラックポジションが悪くて温度を上げられなかった」

2022年10月30日
角田裕毅 「トラックポジションが悪くて温度を上げられなかった」 / F1メキシコGP 予選
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1第20戦メキシコGPの予選を13番手で終えた。

FP3セッションで9番手タイムを記録していた角田裕毅は、予選Q1を9番手で突破。しかし、Q2ではわずかなタイム改善にとどまり、13番手でQ3に進出することができなかった。

角田裕毅 「予想外にサーキットへの適応は簡単だった」 / F1メキシコGP

2022年10月29日
角田裕毅 「予想外にサーキットへの適応は簡単だった」 / F1メキシコGP 金曜フリー走行
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1メキシコGPの金曜フリー走行を2番手タイムで終えた。

FP1をヤングドライバー枠のリアム・ローソンに譲った角田裕毅はFP2から登場。最初の45分で通常のプログラムを実施して2番手タイムをマークした角田は、その後は他のドライバー同様にピレリの2023年タイヤのテストを実施した。

角田裕毅 「空気の薄いメキシコシティでの運転は非常に独特」

2022年10月28日
角田裕毅 「空気の薄いメキシコシティでの運転は非常に独特」 / F1メキシコGP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)が、2022年F1第20戦メキシコGPへの意気込みを語った。

前戦F1アメリカGPでは、10位でフィニッシュして13戦ぶりとなるポイントを獲得した角田裕毅。F1メキシコGPでは、リアム・ローソンが角田裕毅に代わってFP1に出走するが、メキシコシティで走るのを楽しみにしていると語る。

アルファタウリF1 「ありがとう ディートリッヒ・マテシッツ」

2022年10月24日
アルファタウリF1 「ありがとう ディートリッヒ・マテシッツ」
レッドブル創業者兼共同オーナーを務めたディートリッヒ・マテシッツが78歳で逝去したことを受け、スクーデリア・アルファタウリとオラクル・レッドブル・レーシングのチームメンバーがアメリカGP決勝スタート前に他チームやF1関係者と共に1分間の黙祷を捧げ、生前のマテシッツが好んでいた「Start Me Up」が流された。

ディートリッヒ・マテシッツは2005年にミナルディを買収し、小規模だったチームを今日のような一大組織へと変貌させた。

角田裕毅 13戦ぶりの入賞 「マテシッツさんを偲ぶことができる」

2022年10月24日
角田裕毅 13戦ぶりの入賞 「マテシッツさんを偲ぶことができる」 / F1アメリカGP
角田裕毅は、2022年F1アメリカGPの決勝で10位でフィニッシュし、13戦ぶりとなる入賞を果たした。

決勝前にギアボックスを交換したことで5グリッド降格となり19番グリッドからスタートした角田裕毅は、オープニングラップで14番手までジャンプアップ。その後もバトルをしながら順位を上げて10位でフィニッシュ。入賞をディートリッヒ・マテシッツ氏に捧げた。

角田裕毅、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1アメリカGP

2022年10月24日
角田裕毅、ギアボックス交換で5グリッド降格 / F1アメリカGP
アルファタウリF1の角田裕毅は、ギアボックス交換によって5グリッド降格ペナルティが決定した。

予選を15番手で終えた角田裕毅は、他のドライバーのペナルティによって13番グリッドからレースをスタートする予定だった。しかし、アルファタウリF1チームは決勝に先立ってギアボックスを交換することを決定。5グリッド降格となり、19番グリッドに降格することになった。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム