ペター・ソルベルグ
ペター・ソルベルグは、2014年にWRCに復活する方法を探している。

2003年のWRCチャンピオンであるペター・ソルベルグは、昨年フルタイムのファクトリーWRCシートを得られず、自身のチームでヨーロッパ・ラリークロス選手権に参戦した。

しかし、ペター・ソルベルグは、WRC復帰のために来週末のラリー・フィンランドに出席する。

「スポーツについて感じていることは何も分かっていない」とペター・ソルベルグはコメント。

「僕にとっては常に特別なスポーツだし、僕は世界ラリー選手権で提供できる多くのものを持っていると感じている」

「実際に止める準備ができる前に止めてしまったというのが事実だ。でも、今は再び話をしているし、来シーズンまでに何が実現できるか見ていきたい」

プライベーターで3シーズンを未勝利で過ごしたペター・ソルベルグは、定期的に勝つにはファクトリーチームのシートが必要だと認識している。

「本当にWRCに戻りたいと思っている。完全にきちんとやり遂げなければならない」

「今シーズンについて話をしていたとき、ずっとチャンピオンシップに勝つチャンスが欲しいし、それがラリーをやる意味の全てだと言ってきた」

「僕にはまだスピードがあるとわかっているし、今年を傍観者として見ているのはフラストレーションを感じている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: WRC (世界ラリー選手権)