ウィリアムズF1首脳 「アレクサンダー・アルボンは優しすぎるときがある」
ウイリアムズのテクニカルディレクターであるフランソワ=グザヴィエ・ドメゾンは、アレクサンダー・アルボンには“優しすぎる”ときがあるとし、チームを厳しく“プッシュ”するよう求めた。

アレクサンダー・アルボンは、ウィリアムズでF1復帰に成功。2022年シーズンを通してニコラス・ラティフィに対して支配的であることを証明し、ミッドフィールドと比較して一般的にパフォーマンスに欠けていた車でチームにポイントをもたらした。

レッドブルの元F1ドライバーであるアレクサンダー・アルボンは、F1パドック内で礼儀正しい人物として知られており、レッドブルのリザーブドライバーとして1年間傍観した後、2022年にウィリアムズが進歩することにいかに貢献したかについて称賛されている。

来シーズン以降もウィリアムズと継続する複数年契約を結んだアレクサンダー・アルボンは、2023年にアメリカ人ルーキーのローガン・サージェントを新しいチームメイトとして迎えるが、テクニカルディレクターは、フランソワ=グザヴィエ・ドメゾンは、リードドライバーであるアルボンがもう少しハードにチームをプッシュすることを望んでいる。

「我々はただのエンジニアであり、方向性を示してくれるドライバーが必要なので、本当に助かった。彼の経験は我々を助け、正しい方向性を与えてくれた」とフランソワ=グザヴィエ・ドメゾンはコメント。

「彼はいい人だ。いい人すぎるときもある。彼はチームに対してもう少しハードになり、我々をもう少しプッシュする必要がある。だが、私はそれに取り組んでいる」

「それは彼の性質です。ヘルメットをかぶっていない限りは厳しいだ。だが、デブリーフィングでもっと厳しくなっていい」

「私は毎日彼に『あなたは…でなければならない』と言っている。その言葉は公言しないがね! ワールドチャンピオンになりたいなら、こうでなければならない」

だが、アレックス・アルボンは彼の中に「燃えるような側面」があると主張する。

今年初めにBBCでのインタビューで、アレクサンダー・アルボンは成功するには「優しすぎる」という意見に懐疑的であり、バイザーが下がってホイール・トゥ・ホイールのバトルを行っているときは非常に異なる人物になると語った。

「世間は僕のことを誤解している」とアレクサンダー・アルボンは10月に語った。

「彼らは、僕がいつものんきな子供で、ハングリーではなく、優しすぎると思っているかもしれない」

「彼らはヘッドセットを持っていないので、激しい面を見ることはない。彼らは運転しているときに僕が言っていることを聞いてない」

「もちろん、とても幸せだ。僕は自分の仕事が大好きだ。それが僕がF1に行きたかった理由だ。そして、それを楽しんでリラックスすることを学んだように感じた。でも、F1にいたいのなら、間違いなく燃えるような側面が必要だ」

アレクサンダー・アルボン F1 ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン