ウィリアムズF1技術者 「アルボンの18インチタイヤの情報の価値は小さい」
ウィリアムズF1の車両パフォーマンス責任者を務めるデイブ・ロブソンは、アレクサンダー・アルボンがチームにもたらすことができるデータは、特に新しいピレリタイヤに関しては“限られた価値”しかないと考えている。

ウィリアムズF1は、テストを実施するための“ミュールカー”を供給することができなかったため、シーズンを通して18インチのタイヤテストを実施しなかった唯一のチームだった。

アレクサンダー・アルボンは、シーズンの早い段階でレッドブルF1で新しい18インチタイヤをテストしているが、旧型マシンと比較したタイヤのパフォーマンスに対する彼の自然な感触を除けば、新しいチームであるウィリアムズF1に伝えることができるハードデータは限られている。

「タイヤテストを行ったレッドブルのマシンの詳細がわからないため、我々に役立つ情報の価値は限られていると思う」とデイブ・ロブソンはRaceFansに語った。

「もちろん、タイヤの準備方法、タイヤを操作するために必要なダウンフォースの量という観点でそれは重要だ」

「彼はいくつかの有用な情報やアイデアを持っているかもしれないが、実際にはそれはおそらくかなり小さな価値になると思う」

「それに、当然のことならが、あのマシンと彼らが行っていたテストについて彼が言えることはもちろん、かなり制限されている。それはある意味で我々の仕事のためのものではない。実際、それはレッドブルのデータだ」

アレクサンダー・アルボンは、F2時代の2018年にDAMSでチームメイトだったニコラス・ラティフィと再びチームを組み、グローブでの新しい環境に慣れるために新しい同僚と時間を過ごしている。

ウィリアムズF1のシミュレーターでは、すでに2022年F1マシンでのいくつかの作業が行われており、アレクサンダー・アルボンのF1復帰に向けた濃密なスケジュールも開始される。

「我々は、ファクトリーでの彼の時間のために、多かれ少なかれプログラムを描いている」とデイブ・ロブソンは堅田。

「もちろん、彼には会わなければならないたくさんの人がおり、通常のシートフィット作業を行い、マシンの中で快適に過ごせるようにしていく」

「その後、かなり広範なシミュレータープログラムが用意されている。そのため、ニコラス(ラティフィ)は、シミュレーター作業を行う他のドライバーと一緒に、FW44の作業の一部をすでに開始している」

「しかし、そのプログラムは順調に進んでおり、アレックスは1月に実際にそれに参加する予定だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン