ウィリアムズF1、アレクサンダー・アルボンとの2022年の契約を発表!ニコラス・ラティフィの残留も決定
ウィリアムズF1は、アレクサンダー・アルボンと2022年のドライバーとして新たに契約を結んだことを発表。同時にニコラス・ラティフィが来季も残留することを発表した。

アレクサンダー・アルボンは、2019年にトロロッソでF1デビューし、シーズン途中にレッドブル・レーシングに昇格して2022年に2回の表彰台を獲得。。2020年末でシートを失ったが、今季はレッドブル・レーシングのテスト兼リザーブドライバーを務めながら、DTM(ドイツツーリングカー選手権)に参戦している。

ニコラス・ラティフィは、2019年にウィリアムズでF1デビュー。チームと3シーズン目を迎えることになる。

ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは「我々は新しいラインナップに非常に興奮している。両方のドライバーが若さと経験の素晴ら​​しいブレンドをもたらし、チームにとって最適であるだけでなく、我々の旅の次のステップを踏み出すのにも役立つ」とコメント。

「アレックス(アルボン)はモータースポーツで最もエキサイティングな若い才能の1人であり、レッドブル時代からのF1の豊富な経験がある。彼の複数の表彰台フィニッシュは、ドライバーとしての彼のスピードを際立たせており、グローブのチームをすぐに快適に感じるだろう」

「一方、ニコラスは、過去3年間、彼の勤勉さ、努力、そして、前向きな姿勢で一貫して我々に感銘を与えてきた。彼はウィリアムズでの彼の時間を通して成長し続け、今シーズンの彼のポイントスコアリングフィニッシュに見られるように、印象的なF1ドライバーに成長した」

「2022年に目を向ける前に、チームとしてポジティブな勢いを維持し、今シーズンを可能な限り強く終えることを今から楽しみにしている」

ニコラス・ラティフィは「ウィリアムズともう1年続けることに興奮している。F1の新しいレギュレーションもあるけど、チームが新しいオーナー、マネジメント、技術面の人々とより競争力のある方向に進んでいることもその理由だ」とコメント。

「到着した日からここをアットホームに感じている。ポジティブな軌道を続けるのに適切な場所にいると思う。目標は、僕たち全員が来年の機会を利用できるように、少しずつ改善を続けることだ」

「来年のクルマで仕事ができることにとても興奮している。誰にとっても新たなスタートのようなものだ。その変化に参加できることを光栄に思う」

アレクサンダー・アルボンは「2022年にF1レースのシートに戻ることをとても楽しみにしている」とコメント。

「F1から1年を離れると、戻れるかどうかは定かではない。僕を信じて、グリッドに戻る旅を助けてくれたレッドブルとウィリアムズに非常に感謝している」

「今年、ウィリアムズがチームとして果たしているあらゆる進歩を見るのも素晴らしいことであり、2022年に彼らがその旅を続けるのを助けることを楽しみにしている。僕の焦点は、今レッドブルでのテスト&リザーブドライバーの役割に戻り、今年の世界選手権のためにチームの戦いを助けることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / アレクサンダー・アルボン / ニコラス・ラティフィ