ウィリアムズF1 FW43B 画像ギャラリー:新体制を象徴する斬新なカラー
ウィリアムズ・レーシングは、2021年F1マシン『FW43B』を発表。新体制を象徴する斬新なカラーリングが施された。

昨年、チーム創設者であるフランク・ウィリアムズの一家は、米国の投資会社ドリルトン・キャピタルにチームを売却。2021年のF1世界選手権は、ウィリアムズ家が去り、新体制となっての初シーズンとなる。

ウィリアムズは3月5日(金)に2021年F1マシン『FW43B』を発表。2020年F1マシンのシャシーが引き継がれる今季は連番を進めずに記号を追加した。

ウィリアムズF1 FW43Bは、新体制を象徴する斬新なカラーリングが施された。これまでよりも鮮やかなブルーとホワイトのツートンカラーの車体には水色とオレンジのアクセントカラーが入れられている。特にエンジンカバー周りのデザインは特徴的だ。

2021年のウィリアムズF1は、ジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィが引き続きレースドライバー、ジャック・エイトケンがリザーブドライバー、ジェイミー・チャドウィックが開発ドライバーを務める。

ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)ウィリアムズF1 FW43B 画像(2021年F1マシン)

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ / F1マシン