ウィリアムズF1、ジャック・エイトケンとのリザーブドライバー契約を延長
ウィリアムズF1は、ジャック・エイトケンが2021年シーズンもチームの公式リザーブドライバーを継続することを発表した。

スコットランド人の父親と韓国人の母親の間に生まれたジャック・エイトケンは、昨年のF1サヒールGPでルイス・ハミルトンの代役としてジョージ・ラッセルがメルセデスF1から出場した際に、ウィリアムズでF1デビューを果たした。

25歳のジャック・エイトケンは、昨年レッドブル・リンクで開催されたF1シュタイアーマルクGPのフリー走行1回目を担当していたが、今年もいくつかのフリー走行での走行が計画されている。

ジャック・エイトケンは「昨年、キャリアで最も特別な瞬間を提供してくれた後、ウィリアムズでリザーブドライバーのポジションで継続できることを非常にうれいくう。グローブでの短い時間の中で、僕はすでに多くの友人を見つけ、チームとして成功したいという深い願望を持っている」とコメント。

「ここにいるみんなのプロ意識と労働倫理は、僕が自分のキットを誇りを持って身につけているものであり、昨年のサヒールグランプリでレースを味わったこともあり、レースドライバーとしての開発を続けながら、可能な限り多くのサポートを提供することに全力を注いでいる。この役割をまもなく発表される他のプログラムで補完することで、僕はこの目標を達成し、スキルをさらに拡大する機会が得られる」

ジャック・エイトケンは、他のカテゴリーでフルタイムでレースをするつもりであると明かしたが、2021年にどこでレースをするかはまだ発表していない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ