ジェイミー・チャドウィック、2021年もウィリアムズF1の開発ドライバーを継続
ウィリアムズF1は、ジェイミー・チャドウィックが、2021年のF1シーズンの開発ドライバーとしてチームとの仕事を続けることを発表した。

2019年にウィリアムズF1に加わったジェイミー・チャドウィック(22歳)は、グローブのファクトリーでのシミュレータープログラムを増やし、特定のグランプリのトラックサイドとファクトリーの両方でチームにに従事する。また、シーズンを通してメディアとマーケティング活動全体でチームをサポートする。

英国出身のジェイミー・チャドウィック、これまでのキャリアで多くのカテゴリーで成功を収めており、2019年にはWシリーズの初タイトルを獲得。ドイツのニュルブルクリンク24時間レースではクラス優勝を果たしている。これに先立ち、彼女は2015年の英国GT GT4タイトルを獲得し、2018年に英国F3でレースウィナーとなり、2018/19年にMRFウィンターシリーズを制した。これはすべて、女性レーシングドライバーにとって歴史的な初の出来事となる。

今年、ジェイミー・チャドウィックは、昨年は新型コロナウイルスの中止となったWシリーズでタイトル防衛に挑む。Wシリーズは、2021年のF1世界選手権の8戦でサポートレースとして開催されるため、露出が高まる。また、Wシリーズのコミットメントと並んで、ジェイミー・チャドウィックは、サウジアラビアで今月後半に開始される画期的な電気オフロードレースチャンピオンシップであるエクストリームEにベロス・レーシングの女性ドライバーとして参戦する。

ジェイミー・チャドウィックは「これまでのところ、ウィリアムズとの時間を本当に愛しており、開発ドライバーとしての役割でチームと協力し続けることはこれ以上ない喜びです」とコメント。

「ドライバーとしては常に上達していると感じており、今シーズンのシミュレーターで過ごす時間はかけがえのないものになるでしょう。今年もウィリアムズに完全に没頭できることを楽しみにしています」

ウィリアムズF1のチーム代表を務めるサイモン・ロバーツは「ジェイミーがチームの開発ドライバーとして継続することを嬉しく思う」とコメント。

「彼女はスポーツの素晴らしい女性大使であり、モータースポーツで女性を宣伝する上で不可欠な役割を果たしているだけでなく、シミュレーターやグローブの舞台裏での彼女の仕事は非常に貴重だ」

「ジェイミーの決意とより多くのことを成し遂げる意欲、そして、限界を押し上げることは、ウィリアムズで我々が賞賛するものであり、チームの一員としてジェイミーと一の1年を楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ