ジャック・エイトケン 「韓国でのF1デビューへの反響は大きかった」
ジャック・エイトケンは、昨年のF1デビューに対する韓国での反響は大きかったとし、この新たなサポートを利用して、東アジア市場への参入を検討しているチームの目を引けることを望んでいると語る。

スコットランド人の父親と韓国人の母親の間に生まれたジャック・エイトケンは、新型コロナウイルスに感染したメルセデスのルイス・ハミルトンの代役を務めたジョージ・ラッセルに代わり、F1サヒールGPでウィリアムズからF1デビューを果たした。

ジャック・エイトケンは、予選で18番手、決勝で16位という成績だったが、韓国での反響は大きかったと語る

「伝統的にF1は韓国ではそれほど人気がなかったけど、予想以上に大きな反響があった」とジャック・エイトケンは South China Morning Post にコメント。

「モータースポーツへの関心はまだ若い。多くの韓国のファンから連絡があったし、僕の生い立ちでレースをフォローしている人もたくさんいる。関与する方法について多くの問い合わせがあった」

F1はヨーロッパの起源から長い間拡大しており、1976年に日本が最初のアジアの会場として追加され、その後、マレーシアが加わった。2004年には中国、2008年にはシンガポールが加わり、現在は中東でもレースが行われている。韓国では2010年から2013年まで4回のグランプリが開催された。

ジャック・エイトケンは、韓国でのモータースポーツの人気を高めることに焦点を当てていくと述べた。

「モータースポーツは安くはないし、市場性が高くなければならないことはよく知られている」とジャック・エイトケンは語った。

「アジア市場は非常に魅力的であり、韓国は間違いなくそのリストの上位にある。彼ら(製造業者)が僕を利用して市場性を高めることができれば、それは本当のプラスになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ウィリアムズ